2020年5月26日 珈琲ゼリーを飲む

日記 2020年

この頃は何をやってもパッとしない。1週間ぶりにMさんが現場に来た。どうやら有休を消化するように言われたらしい。20日も有給がたまっていたらしく、内6日は早急に消費しなくてはならなかったらしく、それで休んだんだという。俺なんかもう残り6日とかしかないのに。Mさんは、久しぶりの現場にそわそわしていて朝礼の10分前には外に出ていた。

今日も暑い。晴天に恵まれ、今週が土曜日までなければもっとテンションはあがっていたのだろうが。昨日と同じ誘導をグルグルとやっていた。ああ面倒だ。同じダンプがまあまあのペースで休みなく回ってくる。それをひたすら同じ流れで誘導していく。

見慣れた制服の男性が2人近づいてくる。うちの会社の偉い人たちだった。本社の№3と支店の№1である。見回りで来たようだ。飲み物をくれた。会社の制服が年内で変わるらしい。高校の時に着ていた制服に似ているので複雑な気分だ。あとクラクションが聞こえたので振り返ると、この間一緒に片側交互通行をした支店の2人が手を振っていた。

作業員さんが差し入れしてくれた飲み物は、コーヒーではなくコーヒーゼリーで缶をシャッフルしないと飲めない。嫌いじゃないけど、忙しい時は少し面倒だと思った。いろはす貰えばよかったと後悔。でも美味しい。あまりにも立っているのがしんどい。休憩なし4時間、3時間半は辛い。ダンプの運転手さん(金髪にグラサンでいかついけど優しい)が、「運動した方がいいんじゃない?」と言ってきた。確かに、筋肉がガチガチに硬くなっており、立ちながらストレッチをしたり、首をグリグリ押したり、眼球運動をしたりしていたが、それでも体の神経細胞はやられている。明日も同じことをすると思うと気が重い。しかし、まったくやることがない場所よりはいい。

コメント