映画鑑賞85 美女と野獣 アニメ

映画

超名作。もっと評価されるべき作品だと改めて思う。ディズニーの中でも特に好きな作品だ。まずベルが凄く可愛いっていうのもあるけど、普通ヒロインを助けるのが王子様なんだけど、あえて王子様をヒロインが助けるって内容が良いんだよな。人を思いやることのできない王子様が、ベルに出会うことによって優しさを取り戻す。

アラジンもそうだけど、なんでポンコツで不細工な王様から超美人な娘が生まれるんだろうな。ベルのパパは完全にジャスミンのパパの2Pだな。

すげえ好きな作品だからほとんどのシーンが頭に入ってる。最初のベルが街を歩くだけでみんなが窓開けて、踊り狂うシーンが懐かしい。そして、性欲を擬人化したガストンね。ある意味、第2の王子様。力自慢の脳みそ筋肉で、とにかくマナーがなってなくて育ちが悪い。でも、製作者側がお気に入りらしく序盤で出てくるガストンの歌う場面がなかなかの尺(笑)たっぷりとクズっぷりを美声で歌い上げる。ディズニー作品で胸毛を画面いっぱいに自慢するキャラがいるなんて驚愕!!ガストンは見ているだけで面白い。他のヴィランズに比べると悪さはしていなかったが、邪魔なので最後は死ぬ。

丸太を扉に叩きつけて「殺せ!殺せ!」を連呼してから始まる後半のガストン軍団VS家具軍団のやり取りは今見ても胸熱ですねぇ。あのシーンの流れるようなアニメーションが素晴らしくて当時も大好きだった。

はたきにされていたメイドって美女だったんだな、これは気が付かなかった。プリュメットって名前らしい。セクシーだなぁ。

コメント