映画鑑賞60 スチームボーイ
スポンサーリンク

大友克洋監督は俺と同じ宮城県出身だ。AKIRAが有名だが、読んだことがない。古本屋で働いていた時に(随分バカでかい本だなぁ、棚に入らねーよ)とブツブツ文句を言っていたほどだ。流石に絵くらいは見たことがある。鳥山明先生のような日本よりも海外っぽいタッチの絵だなーと思った。

本来であれば俺の趣味では全くないので借りることはないのだが、ちょっと色々あって見ることになった。俺のしょぼい感想じゃ伝わらないだろうが、グラフィックが美しくて見惚れた。街並みとかゴシック風の建物とかが優雅で煌びやかで見ているだけで楽しい。まぁ、そこにデカい機械がやって来てぶっ壊していくんだけどwww総製作費24億円もつぎ込むとこんなんが出来るのか。

これがロンドン‼登場人物の表情やキャラクターやファッションも凄くセンスを感じた。イライラするお嬢様が出てきて、何だコイツって思って見ていたが…あれ?ちょっと可愛いな、いや、凄い可愛いぞコレ(*ノωノ)名前はスカーレット。世間知らずで終始悲鳴を上げているが意外と可愛いのだ。元気いっぱいのお嬢様って鉄板だけどいいよね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

💓見逃せない蒸発俺日記💓
2018年5月3日 書きたいことを吐き捨てるようにキーボードで打ち込み、イライラすることを打ち込んで、思い出してはさらに打ち込む。段々と言いたいこと、イライラモヤモヤしていることを打ち尽くしてくると少しずつ心や頭の中でパンパンになっている不安や苛立ちや疲れが浄化されていく。
俺の思考
2018年5月3日 書きたいことを吐き捨てるようにキーボードで打ち込み、イライラすることを打ち込んで、思い出してはさらに打ち込む。段々と言いたいこと、イライラモヤモヤしていることを打ち尽くしてくると少しずつ心や頭の中でパンパンになっている不安や苛立ちや疲れが浄化されていく。
ろくなことがない。実家で嫁と家族と中華を食べに行ったり、4月の支払いが何とか間に合ったり、そこそこ良い事はあったのだが、なんだか爽快感がない...
泣きじゃくる嫁とケンカして自分の髪の毛をハサミでちょんぎって、その後『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』を見に行ってクソほど感動して泣いて、やっぱり庵野秀明監督は頭おかしいと思った
日記 2021年
泣きじゃくる嫁とケンカして自分の髪の毛をハサミでちょんぎって、その後『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』を見に行ってクソほど感動して泣いて、やっぱり庵野秀明監督は頭おかしいと思った
またしても嫁とケンカをする。何もかもがダメだ。嫁は顔を真っ赤にして号泣している。俺もよせばいいのにケンカの船に乗り込み、勢いのあまり自分の髪...