WHITE ALBUM2 小木曽雪菜が好きすぎて辛い✖冬馬かずさは悪役か?

★ネタバレ注意★

こんばんは。「WHITE ALBUM2」やってますか?やってますよね。僕はもう止めれませんよ。何度もやってるんですがね、止めれないんですねマジで。もともとのブログの趣旨も忘れるくらい日記もWHITE ALBUM2だらけになっててね。

小木曽雪菜が好きすぎて辛い

小木曽雪菜が好きすぎて買っちゃったよCD。あとタペストリーとペットボトルホルダーとウォレットチェーンまで買っちゃったよ。完全に病気だよ。後はミニアフターストーリーが買いたいんだけど4万円くらいすんだよね。バカでしょ?もとはタダなんだぜ。でも、ここまで一回ハマっちゃうと4万円が高額だと思えないんだよ。頭が腐れてるわ。冬が終わったら安くなんだろうか…。でも、オタクに四季とか関係ないから相場は変わらないか。

とりあえず寝ても覚めても雪菜のことが頭から離れないから18禁でHシーン眺めてたんだけど、Hシーンの多さと長さに衝撃を受けた。日曜日にちびまる子ちゃん➡サザエさん見て、19時からHシーンが始まって、22時くらいまでやっていた。それでも終わらなくて、さすが18禁はちげぇなあと腕を組み、納豆を食べながらHシーンを見てた。翌日になって、雪菜が帰るとか言い出して、Hシーン終わりかと思いきや、主人公がもう1泊して行けよって言いだして、再びHシーン突入。こりゃ終わんねーぞってことでセーブした。翌朝、月曜日平日、皆様が働きに出て朝礼でもしている時間に、Hシーンの続きを朝飯を食べながら視聴。30歳の人間がやることじゃないな。

何回繰り返してるか分かんないけど、サブヒロインを全部クリアして、「closing chapter」の小木曽雪菜ENDが出来るってなった時、俺は「closing chapter」小木曽雪菜ENDにそのまま入らず、もう一度「introductory chapter」をやり直して、そのままの流れで「closing chapter」小木曽雪菜ENDに突入するという頭のいかれたコースを選択する。さすがの嫁もドン引きを通り越して呆れていた。なんでわざわざ最初からやり直す必要があるのか?それは、雪菜が史上最強で最高に可愛くてマジで天使だからだ。絶望した雪菜を見たくないから全部やり直す必要がある。ちなみに「coda」の小木曽雪菜ENDに入る時は、「introductory chapter」➡「closing chapter」をもう一度やってから。時間?いくらでもあるわ。

冬馬かずさは悪役か?


PS3と18禁はHシーンのあるなし、エクストラエピソードの追加とか色々あるんだけど。ゲーム版の「WHITE ALBUM2」をやってて思うんだけど、冬馬かずさENDは冬馬かずさファンにとって大満足な結果なんだろうか?前回のブログでも少し話したんだけど、アニメ版の「WHITE ALBUM2」は、かなり冬馬かずさ押しで作られているような気がする。それはそれでいいんだけど、ゲーム版の冬馬かずさは、あまりにもかませ犬すぎやしないだろうか?これは、あくまで俺の個人的な感想に過ぎないんだけど。

小木曽雪菜のtrue endは、全員が主人公と雪菜を祝福するようなエンディングに対して、かずさのtrue endは、全員の反感と呪縛と恨みつらみを背負いこんだ駆け落ち的なラストを迎える。主人公とかずさ以外は、誰も幸せじゃなく、心から祝ってくれている人は他にいない。完全に嫌われ者、悪役(ヒール)だが、これでいいのだろうか?

海外に行ってからのかずさもキャラがおかしくなってるような気がする。空港で「雪菜ごめんな」と謝り倒していたかずさが、来日する際に雪菜に対して後ろめたい感情がなさすぎる。それと、婚約までいった主人公が、親友たちや雪菜の家族に説明しに行くんだけど、かずさも来いよ。主人公にあいさつ回りさせといて、自分はお休みってちょっとあんまりじゃないか?雪菜をフルボッコにするのは分かるが、かずさの設定が悪役過ぎる気がする。せめて、主人公と一緒にみんなに説明した方が好感が持てる。お母さんが病気ってのは可哀想だし、ずっと主人公に会えなかったってのも可哀想だけど、もう少し好感度が上がる人間味が欲しかった。もっと周囲が納得して、みんなが笑顔で終わるようなかずさENDが見たかった。

逆に浮気ENDの冬馬かずさは、らしかった。あのサバサバした感じは、デレはないものの冬馬かずさらしさが出ていて凄く良かった。「WHITE ALBUM2」のエンディングの中でも一番カッコいいエンディングが浮気ENDだと思ってる。エンドロール前、かずさの演奏が終わった後の一コマが最高に痺れる。主人公が頭を抱えて座っていて、隣りにいた雪菜は既にいなくて、席が空いている。これで終われば本当にカッコよかったんだけど。あとエクストラエピソードも個人的には好き。よし、もっかい見よう。何度見てもあれは良い。
WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf