天より下にありし者 交通誘導員 24日目 事故の映像による影響あり

★23日目

スポーツ大会は大盛況だった。詳細はバレバレになるので伏せておくが、とても楽しかった。警備員が1名と言うほとんどボッチ状態ではあったが、イベントもあり、美味しい物も食べ放題で参加してよかった…とは言いつつも慣れないこともあり、気も使い、普通の警備員よりも大変な事は間違いなかった。そして、大豪雨だった。

★24日目

昨日の豪雨を引きずるかのような曇り空。湿気が物凄く、1日中蒸し暑かった。そんな日の朝は、安全週間ということでビデオ鑑賞から始まる。交通事故が多発しているという事で、内容は車の事故。人の飛び出し、無理な割込み、確認不足の中での交通事故。今時は、ドライブレコーダーをみんな付けているから、残るんだねー。俺も付けといたほうが良いかも。何かの時に証拠になるし、ひき逃げとかのナンバーが映るかもしれないし、何より自分を守るためにも必要だ。

もちろん事故の動画をみんなで見て、事故が起きないように気を付けましょう。という考え方は分かるんだが、苫米地の本だとこれは良くない。全く話が変わるが、野球がうまくなりたい人にはイチローのプレイ動画だけを見せるべきだと言う。逆に自分が失敗した試合や練習を映像で見せてはいけないらしい。失敗のイメージを何度も見せることによって、筋肉(脳や神経)が誤った動きを覚えてしまい、本来身につけるべき正しい動きが出来なくなってしまう。実際に驚いたのは、この後で、動画を見た後すぐに事故が目の前で起きかけた。

苫米地の本を読んでいた俺は、ビデオを見ている最中『こんな動画ばっかり見せてたら事故起こすんじゃないかなぁ』と不安だった。本日の作業場所へ移動し、いつも通り誘導していると、歩行者が2人通過しようとした。ダンプの前を通過しようとした瞬間、ダンプがグッと前に出ようとしたので、慌てて俺が制止した。あれは本当に危なかった。事故映像を見たからだと俺は確信した。脳が誤った動きを覚えて、事故の運転が正しいと認識してしまったのだろう。その後は一日何も起きなかったが、俺も一日警戒して過ごした。

ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります。 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする