鳶襲来

DSCN9956 DSCN9957

真上にこれがいた時はかなり驚いた。そこら辺にいるレベルじゃない。これはまさしく動物園レベルの生物だ。家が高台にある為、鳶が結構低い高さで悠々と飛ぶ姿は見惚れてしまう。巨大な翼に、力強い骨格、凛々しい顔つきは王者の貫録を漂わせている。午前中は、飛行しているらしく、見かけるのは昼過ぎから夕方頃の午後が多い。

他のタカ類に比べ、残飯や死骸をあさるなど狩猟に頼らない面があることから、勇猛な鳥との印象が少なく、いわばタカ類の中では一段低い印象もある。ことわざの「鳶が鷹を産む」はこのような印象に基づき、平凡な親から優れた子が生まれることをこう言う。(Wikipedia)

タカ類の中ではよわっちいみたいだな…。鷹に比べられてる所が悲しい。こんな悲しい諺作るなよ。トビの生態で、鴉より一回り大きいって書いてあるがもっと大きくない?三周りくらいはあるよコレw肉片とかブン投げたら、バサッと飛んで食いついたらカッコいいんだけどなぁ。とか打ち込んでたら鳶の鳴き声が遠くで聞こえる。

ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります。 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする