2020年7月23~24日 夏の体調不良と戦う!!『腸内環境の悪化』『自律神経の乱れ』『疲労蓄積』『ストレス』『カフェインの過剰摂取』

俺の思考

恐らくこれは熱中症ではなかったんだと思う。(参照:2020年7月22日 作業中に熱中症?でパニックになり救急搬送されて気が狂いそうになる‼‼①)病院の主治医さんには、「生ものとか食べましたか?」的な質問を受けたものの熱中症とは言っていなかった。恐らく食あたりか何かだと思ったんだろう。帰り際に「脱水はしていなかった」と言っていた。ということは水分補給は十分だったようで、実際に点滴をすると直ぐにトイレに行きたくなっており、身体の水分は十分に満たされているようだった。

翌日になっても体調はなかなか改善されなかった。

・全身に倦怠感
・喉に異物感、炎症を起こしているような感じ
・発熱
・頭痛
・体温調節
・吐き気
・肩こり、筋肉の節々が痛む
・お腹がグルグル鳴る
・腸内環境が乱れてる
・オナラが凄く臭い
・心臓がドキドキしている

熱中症の対応として脇、足首、首足の付け根、おでこに冷えピタを貼り付け、横になっていたが不安とストレスでなかなか寝付けず、暑いのか寒いのかも分からなかった。一種のパニック障害・不安神経症みたいな精神的なダメージを感じることが最近多いので、それかもしれない。自律神経が乱れているようで、腸内環境が悪くなかなか改善されなかった。

頭痛薬のeve、漢方(半夏厚朴湯、五苓散)等市販薬を服用してみたが、逆にいろいろ飲みすぎたようで体調は戻らず、かえって体に負担をかけてしまった気がした。また、水分の過剰摂取で水あたり(水にあたることによって一般的な下痢の症状である下痢・軟便・嘔吐・腹痛・お腹の不快感・倦怠感などといった症状が引き起こされてしまうこと)を起こした可能性も感じられた。他には夏風邪、夏バテも考えられた。あと脳も疲労しているようで、買うものを間違えたり、スマホをコンビニに忘れたり、とにかく調子が悪かった。

結局、原因は不明だったが、『腸内環境の悪化』『自律神経の乱れ』『疲労蓄積』『ストレス』『カフェインの過剰摂取』が関連していると思った。

エビオス錠で腸内環境を整え、嫁に健康的な食事を提供してもらう。個人的には大根のお味噌汁(味噌多め)、玄米が効いた気がする。空揚げ、ひじき、大豆、納豆も食べ、後は睡眠。何度か不安になったが嫁と会話をして落ち着く。風呂上がりにめまいがして危なかった。結局、4連休のうちの2日半は体調最悪で回復まで時間がかかった。

高カフェインやエナジードリンクはかなりヤバいので注意しよう。カフェインを飲んだ分だけ水を飲むのが本当はいいらしい。エナジードリンクは絶対飲まねえ。レモン水も意味がないらしい。喉がおかしくなったのも多分レモンの酸が原因だと思う。ただの水にしよう。

コメント