実家にある私物を片付ける②

絵はよくわからない。ずらーっと書き連ねてあるのは映画のタイトル。美容室に行った時、映画の特集ページがあり、そこで面白そうな映画をチェックした紙のようだ。線を引いているのはTSUTAYAで借りて見たやつ。まだまだ見てない映画あるなー。確か美容室のお姉さんに頼んで紙を貰って書いたんだと思う。天然パーマだった俺は、大学時代にバイトで稼いだ金で縮毛矯正をかけていた。縮毛矯正をやった方はわかると思うが、縮毛矯正は凄く時間がかかる。この紙をくれた美容室はとても対応が良く、毎回通っていた。金がなくて1度だけ行った美容室は激安だったが最悪。8時間も拘束される。シャンプーの途中で30分放置されたり、ずーっと座りっぱなしで待たされたり、とにかく地獄だった。今考えればキレて帰ればよかった。しばらくして閉店していたが無理もない。

リサイクルショップでアルバイトをしていた時のシフト表が出てきた。とにかく懐かしい。アルバイトの面接で、好きな音楽を問われ、「あぶらだこ」と回答。店長が首を傾げていた。とにかく緩いバイト先だったが、金髪は禁じられていた。社員さんが金髪を注意されていたので、長髪赤髪に染めたら何も言われなくて笑った。バイト先の先輩が原爆オナニーズのDVDを持っていたので話しかけたら仲良くなる。彼が後にバンド「チンプイ=ギルガメッシュ」を組むことになる川嶋☆プロフェッサーだ。彼の才能には嫉妬するばかりだが、詳しい紹介はまたの機会にする。バイトで俺の後輩で入ってきた女の子は、ゴスメイクで目元は真っ黒、胸元にバラの刺青があり、ちらりと見えていたのをブルーハーツの甲本ヒロト似の店長に注意されていた。ピアスや入れ墨やエログロナンセンスは俺と川嶋☆プロフェッサーも大好きで、3人で買取できたTATTOO BURSTを興奮しながら読み漁っていた。TATTOO BURSTは、とにかくヤバい雑誌でエログロ満載の内容になっている。おすすめだが、非常にグロテスクなので要注意。後輩の女の子は身体中にピアスを開けまくっていて、女性器にも開けていたらしい。その彼氏を休みの日に連れてきていたが、顔面ピアスだらけで成程!!と思った。

ボーリングの成績表も出てきた。体調によって成績が全然違うが、たぶんレベルは普通ぐらいじゃないだろうか。誘われたり、何かイベントがない限りは行かない。しかし、俺の大好きなバッファロー66では、ボーリング大好きな主人公(ヴィンセント・ギャロ)がヒロイン(クリスティーナ・リッチ)を放置してボーリングをしまくるシーンがある。あの革張りのシューズがカッコいい‼ヴィンセント・ギャロもカッコいいが、クリスティーナ・リッチの可愛さはマジで犯罪だと思う。激レアなTシャツがあるんだけど色落ちして酷いざまに…くそ…。ちなみに写真にあるボーリング場はどこも潰れている。厳しい世界だなぁ。