メタルスライム×ストーブ×朝食なんか

まさか人生でメタルスライムを食べることになろうとは思いもしなかった。そもそもメタルスライムって食べれるんだwメタルスライム味のガムは歯ごたえがある。結構固めの噛みごたえ。ライム系なのでいっぱい食べると気持ち悪くなる。作業中に口が異様に寂しくなるのでガムを噛んで紛らわせている。車の中でもブラックガムをくちゃくちゃ。海外の野球選手が打つ前にガムを噛んでいるように、俺も緊張を解すために噛んでいる…わけない。

田舎の冬は馬鹿みたいに寒く、ストーブ2台を1つの部屋で同時に付けないと耐えられない。石油ファンヒーターと石油ストーブ(上で餅が焼けるやつ)を付けてようやく温かくなってくる。古い家なので天井が高いうえに欄間があるので全く温まらない。そこそこ部屋が温まったからといってストーブを消せば1分後には5、6度下がることになる。起きている限りストーブは寝るまでずっと稼働しているので灯油の減りが尋常じゃない。毎週18ℓを2缶購入しているが、あっという間になくなってしまう。しかも駐車場から家まで200メートルくらいあるので36ℓを両手に持って運ぶ。寒いし重いし最悪だ。今はスーパーとかガス屋さんが運んでくれるらしいが、まだ若いのに頼むのもダサいので自分で運んでいる。

今の時期は乾燥しているので、テレビを付ければ何処かで火災が発生し、最悪人が亡くなっている。そんなニュースを見ていると嫁のボヤを思い出す。嫁が一人暮らししていた時、風邪を引いたので様子を見に行った。小型の石油ストーブがベッドの真横に置いてあり、危ないなぁと見ていると案の定布団の先が焦げた。慌てて消したので、何事もなかったが、何かあってからでは確実に遅い。

最近早く起きれている。6時起床の習慣が出来てきたので、夜は9時くらいに眠くなり、6時か5時に起きる。別に何時に眠って何時に起きてもいい生活なんだが、出来る限りちゃんと生活しようと最近は心がけている。まぁ昼間に4、5時間眠るんだけどwそして、一応食べる。今までは、嫁が起きるまで何も食べないでいた。というよりご飯を準備するのが面倒でやらない。ご飯を茶碗によそうとか、料理を作るのが面倒で仕方ない。洗濯や掃除一般は大体好きだが、料理は嫌い。何を食べるかを考えるのは好きだが、何を作ろうかを考えるのは苦痛でしょうがない。年に1回か2回、たまに本を見ながら作ってみる時がある。しかし、体調が頗る優れていて、ストレスもない場合じゃなきゃ出来ない。なので朝準備できたとしても写真のような朝食が限界。これにプルーンを2個かじって終わり。後は嫁が起きてきた時に作ってもらえばいいという考え方だ。クルミパンをチンして、カフェオレ(またはコーンスープ)、ぐちゃぐちゃ卵。少しでも温まるものを体内に入れ込む。我が家では、IHコンロが1口しかない上に、パンを焼きながらお湯を沸かすとブレーカーが落ちるので、同時進行で料理が作れない。まさに悲劇である。