横浜豚骨醤油RA-MEN BIG ラーメンbig 仙台

今回は(も)ラーメンBIGを紹介したいと思う。以前少しだけ触れたが、この間食べて本格的に熱意を持って書かなくてはないと感じた。本当は午前中にブログを書こうと思ったのだが、写真を見た瞬間に腹が減ってしまい書けなかった。飯を食べて、散歩をして、庭を片付けて、ようやく今書き込んでいる。ラーメンBIGを知ったのは2年前だろうか。高校時代の友達の紹介で一緒に来たのが初BIGであった。10年ぶりに会う旧友との懐かしい会話を楽しみにしていたが、まさか生涯ナンバーワンとして俺の人生に刻まれるラーメンにこんなタイミングで巡り合えるとは思いもしなかった。待ち合わせ場所は勾当台公園。久しぶりの再会に昔の話に花が咲く(そんなになかった)。近くに美味しいラーメン屋があると言うので歩いていくことに。定禅寺通りを真っすぐと歩いていく。ここだよ。

いやいや小さすぎでしょ。絶対わかんないってこれ。通りすがりじゃ100%気が付かない。駐輪場こっち並みのスケールなんですけど。とにかく矢印に従って進むと看板。ほうほうとドアを開け、3人で中へ。※ちなみにもう一人俺の友人が一緒。あまりにも影が薄いので旧友がモブかと思ったそうだ。

「っしゃいあすぇぇええええええ」

と過去類を見ないほどの絶叫爽やか(全くうるさくない)挨拶を全身に浴びながら店内へ。今は色々なバイトの人が入れ代わり立ち代わり働いているが、初めの頃は同じ男性店員だった。店長は凄く若く見えるが年齢不詳。移転したから綺麗なのかと思っていたが、今でも凄く綺麗。しっかり掃除しているからに違いない。旧友に続き、食券を購入。どんな爆弾が来るのか予想もつかないので、普通サイズでGO。店内はとてもオシャレ。コンクリートの壁に所狭しとポスターやら写真やら雑誌の切り抜きがひしめき合っている。だいたい調子こいてポスターや切り抜きを貼り付けている店は大滑りするもんだが、BIGは違う。セロテープで無造作に貼り付けてあり、ちょっと捲れたり、破れちゃったりしている。これこれw

窓際にはビートたけし、ダウンタウンの書籍が並ぶ。他には竹原ピストルの写真やチラシ。お笑い芸人の記事。店長の趣味が分かるなぁ。竹原ピストルはラーメンBIGのBGMでよく流れている。「よぉそこのわっけぇの」の人である。壁際には丸椅子が並び、席が空くまで座って待機。食べる席と待機する丸椅子の隙間は人一人が何とかすり抜けるスペースしかない。出来るだけ手荷物は控え、小ぶりなリュックを背負ってくることを推奨する。※足元と膝に荷物は置ける。というよりそんなもん持ってくるな。学生には「まっちゃん」「はまちゃん」と言う合言葉があるらしい…。楽しそうだなクソ…(羨ましい…)

席に座る。テーブルはいつも綺麗だ。冗談抜きで頬ずりできる。しないけど。だいたい勘違いお門違い家系ラーメンのなんと多い事か。ギトギトのテーブルに汚い店内、これがうちらのやり方です。うっす。みたいな感じはどうも好きじゃない。あとは濃ければ良いって問題でもないし、もやしやら肉やらを山のように積み上げたジェンガみたいなのも気に食わない。もちろん食べるけど、とっても好きだけど、でも違う。何にもいらない。見た目は普通でいいんだ。食べた瞬間「あぁ!!!」と思わせてくれればいい。店長がお勧めする調味料が並ぶ。俺は使ったことがないが、使いたければ使えばよい。と俺が言う筋合いではないな。

ちなみに隣の席の人のラーメンを見てはいけない。奪い取ってしまいかねないからだ。俺は気をそらせるために呆然と携帯を見つけるか、店長や店員さんを眺めている。この店長も素晴らしい。明るく元気な店長さんに何度救われたことか…。店長さんの愛と情熱がしみ込んだラーメンBIGが、なければ俺…あ、来たわ

美味そうだ、本当に美味そうだ。この写真、見てくれ。説明する必要はないだろう。完璧だ。完璧すぎる。この写真は3月3日に仙台で食べた時の写真だが、1週間前に食べたにもかかわらず既に食べたい。もう食べたい…。キーボードを打ちながら歯がゆい気持ちでいる。なぜ目の前にあるのに食べれないのか。触れられないのか。香りもしない。あぁ食べたい…。まずはスープを一口啜る。仙台に来たなぁとしみじみ感じながらキャベツを一番下に沈める。シャキシャキのキャベツは後半にシナシナになる。シナシナになって透けるくらいのキャベツが個人的に食べごろだ。俺は常にトッピング海苔7枚乗せにしている。まるで仏像が座っている蓮華を象った台座。神秘的で美しい…。店長が神仏か何かに見えるぜ。後光かと思ったら上の照明か…。海苔は半分をひたひたにして食らい、残りはそのまま食べる。麺?麺はまだだ。ほうれん草は一気に食べ、味玉を軽くかじる。麺?だから麺はちょっと待ってくれ。トロトロの黄身がぎゃあああああ、食べたい。この味玉、美味すぎる…あぁ。だから麺は待ってろって‼ちょっとスープを啜って…あー注射器で血流に流し込みたいくらい美味いスープ(※嫁には理解できなかった模様)が脳細胞をぐちゃぐちゃのめためたにしてくれるぜひゃああ。ここでやっと麺を食べる。はい美味い。当たり前、はい美味しい。期待裏切らない。スープ→麺→スープ…を繰り返し、ひたひた海苔を食べて、出ましたチャーシューです。柔らかい、枕にしたいチャーシュー。抱き枕にして抱きたい。ここでキャベツは良い感じに、あぁ喰いたい喰いたい3時間近くかけて行こうかな!!もうダメだ。これ以上は書けない。各自食べに行ってくれ。ちなみにスープまで残さず食べると「まくり券」というカードが貰える。このカードがあれば、「海苔5枚増し」「味玉追加」等のサービスが受けられる。期間は最後に食べた日から1ヶ月間有効。サービス券も枚数が増えるごとにレベルがアップし、最終的には「永久まくり」となる。しょっちゅう通える人は挑戦してみてはいかがだろうか。俺は、毎週通っていた時期がある。食べた過ぎて毎月3~4回通っていたのだ。現在は、住んでいる場所の関係から行く回数が減ってしまったが、それでも近くに来たときは必ず食べている。毎回俺はスープを少し残し、店長の顔を見て「ご馳走様」と言って帰っていく。店長は「ありがとうございます!」と言い、店を出る直前も俺の方を向いて「ありがとうございます!」と言ってくれる。ちなみに毎回スープを少し残しているのは理由がある。すべて飲んでしまうと、ラーメンBIGが俺の中で終わってしまう気がするからだ。そんなことはないのだろうけど…。

横浜豚骨醤油RA-MEN BIG
住所:宮城県仙台市青葉区春日町3-4 中村ビル 1F
交通手段:地下鉄勾当台公園より徒歩10分、勾当台公園駅から646m
営業時間:11:30~15:30 17:00~21:30
定休日:月曜、第2・4火曜
Twitter:https://www.twitter.com/690BIG