映画鑑賞12 ソドムの市 

sodom1映画は、見る対象がいるからこそ生まれる。監督が知恵を絞り、いかに面白く素晴らしく表現するかを試行錯誤し、沢山の人間が力を合わせて誕生する。「ソドムの市」は、最低最悪な糞映画だと声を大にして言える。ろくなもんじゃない。変態な監督が、変態な小説を原作に、沢山の変態を集めたただのAVである。SMのサドの語源で有名なマルキ・ド・サドの傑作「ソドム百二十日」が原作となっている。エログロナンセンスで、サディスティックバイオレンスな中身は、無駄にグロテスクで過激な表現が淡々と永遠に続く。思いつく限りの残虐行為、変態行為をこれでもかと詰め込み、読む者見る者をひたすら不快な気分にさせる。こんな糞小説をわざわざ映画化した変態監督が、奇才パリゾーニ監督である。
sodom2
「ソドムの市」は、過激なだけでなくイタリアを批判した内容(サドの原作はフランスだった)も含まれており、ネオファシスト勢力からの強い反発を受ける。その結果、パリゾーニ監督は、謎の死を遂げることとなる。詳細は下記の通り。

1975年11月2日、同作の撮影を終えた直後のパゾリーニはローマ近郊のオスティア海岸で激しく暴行を受けた上に車で轢殺された。享年53歳没。『ソドムの市』に出演した17歳の少年ピーノ・ペロージが容疑者として出頭し、「同性愛者であったパゾリーニに性的な悪戯をされ、正当防衛として殺害して死体を遺棄した」と証言し、警察の捜査は打ち切られた。しかし当初から少年による単独犯としては無理のある内容であり、ネオファシストによる犯行とする陰謀論が主張された。現在も真犯人は判明せず、その死の真相を巡ってはアウレリオ・グリマルディ監督の『パゾリーニ・スキャンダル』(1996年)など多くの映画や伝記本が製作されている。
(Wikipedia引用)

sodom3HDニューマスター版の本作では、復刻縮刷パンフレットが特典で付属している。その中に「パゾリーニ 死の真相」というページがあり、パリゾーニ監督の死体は、大きなゴミのように捨てられており、頭はぶち割られ、顔は識別不可能なほど切り刻まれていたと書かれている。死については様々な憶測があるらしいが、国で社会的に抹殺したような気もしないでもない。イタリアでは、「わが国民はまだこの作品が理解できるレベルに達していない」というとってつけたような理由で上映禁止、ヨーロッパではほぼ全面的に上映禁止。本当に何のために作ったのかわからない嫌われっぷりのようだ。
sodom4
ストーリーを簡単に説明すると、変態嗜好の貴族達が、美少年美少女を城に拉致監禁し、変態プレイを楽しむって感じ。貴族たちは、男性も女性もいて、女性の方は過去に拉致られた美少女で、貴族達に完全に洗脳されている。少年少女たちは服を脱がされたり、首輪をつけられ犬にされたり、女装させられたりする。命令がこなせなかったり、失敗をしたり、何もしてなくても因縁を付けられた場合、懲罰の名の元にひどい仕打ちを受ける。最悪殺される。
yrexdhxx
とにかく内容がエグいので、心臓が弱い方にはお勧めできない。男同士でやったり、うんこを食べたり、全裸にして鞭打ちをしたり、自分の顔に跨らせておしっこを浴びたり、男同士で結婚式をあげたり、自分の放尿姿を女に見せつけたりする。童貞と処女に目の前でSEXをさせると思いきや、自分たちが犯す等の超過激変態行為が約2時間収録されている。内容が最悪な上に収録時間も長いので物凄く疲れる。ラストはさらに過激で、目を切り裂く、舌を切り裂く、女の首を吊るし、火炙りにし、焼き鏝を喰らわせる。それでも見たいなら是非w