ア糞ダイレクトから請求書が来た。安さで自動車保険を選んじゃダメだね(-_-;)

日記 2020年

前回の「2020年6月5日 出かける途中で車が故障→廃車で、その日のうちに車を購入する地獄みたいな話① ア糞ダイレクトはやめとけ」から数日が経過した。ア糞の自動車保険も無事に解約し、コバックの自動車保険に加入した。コバックの従業員さんもア糞とのやり取りに困惑し、俺が納車で来店する数日前に別のお客さんがア糞加入者で再び対応をし、そのお客さんもコバックの保険に入ったらしい。ネットで嫁が検索すると山のように被害報告が出てきた。気になる方は加入前に見てみると良い。

ア糞の問題は、電話対応だけじゃない。結局のところ自分で適当に入力してプランを作れるので、自分がどんなプランでどんな保証を受けられるのかが分からなくなる。自宅のネットで手軽に作れるのが楽なわけだが、それが命取りになる。しかも、ア糞の自動車保険は尋常じゃなく安い。月3,000円ほどなので、一般的な自動車保険の半額ほどで契約できる。なので「事故なんか起きないし、安けりゃ何でもいいっしょ」という俺みたいなおバカさんには大変お勧めな保険となっている(´;ω;`)コバックの保険担当者曰く、自分でわからないまま保険のプランを作るのは危険だと言う。やはり面倒でも直接対面で説明を聞きながらプランを決めないとダメだな。今回は勉強になったよ。

ア糞は保険証券番号なしで電話対応できるのもビビったが、ログインするつもりでアクセスして勝手に保険プランを作り出したのは呆れるを通り越して笑ってしまった。とりあえず安さの上には何かしらの理由があるということを学んだ。

★おまけ★

トラブルが起きったっていうのにお慶びを申し上げてるんだから終わってるよ。

コメント