人間発電所/BUDDHA BRAND(ブッダブランド)

音楽

キングギドラのレビューを紹介したので、今度はブッダブランドを紹介しようと思ったんだけど、さほど知らないんだよなぁ。こんな調子に乗ったタイトルを付けておいて、そこまで知らない。こんなダサいことないわ。凄く初歩的なお話で進めていく。

先ほども申し上げたように俺はHip-hopに全然詳しくない。そんな中で、なぜブッダブランドの名前を偉そうに上げたのか?あれは何でもない普通の昼下がり、YOUTUBE巡りをウロウロしていると『人間発電所』という曲が目についた。タイトルに惹かれて、聞いてみたらメチャクチャカッコいい。歌詞の意味は全く分かんない、でも聞いていて凄い気持ちいい感じ?ていうのかな。何とも言えないフワフワした感じになった。すると、人間発電所はかなり有名な曲であることが判明した。俺の嫁も知っていたし、嫁の友達とその旦那さんも知っている。そんなに有名なの?

俺が最初に聞いたのは『人間発電所 Original’95 Vinyl Version』で、最初にオウム真理教の麻原彰晃らしき(多分本人)声が流れてから曲が始まる。歌詞の中でもオウムに関する単語がチラホラ。でも、さすがにアルバムとかに収録されている『人間発電所』では、その部分はカットされているみたい。1989年結成って…俺まだ2歳なんだけど、その時代でこのセンス?改めて凄まじい曲だ…。

『人間発電所』もカッコいいんだけど、最近は『ブッダの休日』にハマっている。凄く繊細で美しく、気持ちが楽になる名曲。1日に何回か落ち着きたい時によく聞く。現場に向かう車の中、休憩や昼休み、帰る車の間、仕事に疲れてちょっと休みたい時…そんな時は、『ブッダの休日』で一服するのがいい。目を瞑って、瞑想のような状態で深呼吸しながら聞くと精神が研ぎ澄まされる気がしてくる。下手すりゃ寝ちゃうかもしれない。それにしても何回聴いてもいいなぁ…。

コメント