2020年5月2日 GW1日目 時間術大全で日常生活を変える、Twitterヤバすぎ

俺の思考

GWなわけだが、普通にいつも通りの5時半起き。完全に出来上がっている生活リズムなので、朝はちゃんと起きないと1日の流れがメチャクチャになってしまう。自粛関係なく休日は家にいたいので、大半の時間を家の中で過ごす。

嫁が起きてこないので、洗濯を干して畳んで、食器を洗い、庭の掃き掃除をする。今までは朝から晩までずっとパソコンを弄り、チンkを弄りのNO生産性の豚箱豚人間だったわけだが、ガードマンをやり始めてからはパソコンよりも外で立っている方が楽で、逆に長時間のパソコン作業が辛くなりつつある。

なのでパソコンで作業をしつつ目が疲れたり、調子が悪くなると掃除をしたり、パソコン以外のことをして気を紛らわせることにしている。長時間のパソコン業務は腰と足と背中がムズムズして危うい。適度な時間間隔を開けなきゃ出来ない。

最近はアイロンがけに凝っており、手ぬぐいやハンカチを丁寧にアイロンがけしている。あとはシンクを磨いたり、車を洗車したり、平日ではちょっと出来ないような事もしている。

『時間術大全』の影響で、スマホの中から不要なアプリを排除し、現在のスマホは①時計を見る②音楽を聴く③ナビに使う④電話をする⑤写真を撮る……くらいの使用のみに留めており、メールやTwitterなどは時間を決めて家でまとめて見るようにしている。しかし、洗脳されているがゆえにTwitterなんかはアプリ削除しても、再びダウンロードしてしまう。人間の性能上仕方がないことらしいが、Twitterはご存じ死ぬほど時間を食い散らかすので、見たいときは15分とか時間を決めて見るようにしている。じゃなきゃ何時間も永久に見てしまう。

作業中は今現在やっている作業以外は手を付けないようにしている。あれもこれもチラ見していて、結局何もできずに終わるということが多々あるからだ。これは自らの体験で感じた。文章を打っていて、調べものがあってYahooで検索していると、どうでもいいゴシップ記事が目に付いて、そっちを検索しているうちに「あれ?何してたんだっけ俺??」という惨状によくなる。『時間術大全』では、気になることはメモしておいて、後でまとめて調べるといいと書いてある。人間は、最新の情報を常に手に入れなくてはならないという間違った解釈を植え付けられている。確かに実際、最新の情報を常に手に入れたところで「だから何?」という感じはある。

昼に吉野家をテイクアウトし、家で食べる。コロナの影響は多分それほど関係がないが、売上が低迷しつつある。色々挽回策を考えたいところだが、出かける回数を減らし、外食も控えれば、家賃も駐車料もかかっていないので何とかなる。ただ、車検と夏タイヤ、そしてGWの休暇中の収入ナシはまあまあキツイ。特に先月はなかなかに金を使っている。節制せねばな。あとは国からの10万円給付金に期待するしかない。

コメント