9月23日~9月26日

wp-image-218816263jpg.jpg朝目覚めると嫁が頭に手拭いを巻いて、掃除をすると張り切っていた。俺もやるとこになり、いざ作業を始めると嫁はYOUTUBEに無我夢中。思いっきりごろ寝を決め込んでいた。朝の日常的な業務(鳥の餌替え、皿洗い)は、やっていたようなので、せっかくの掃除は普段やらないことをやろうと思った。とりあえず、ぼっとん便所の床が汚すぎるのでトイレ掃除から。

トイレにはチョウバエという気持ち悪い蝶々みたいなやつが発生している。うちでは蚊取り線香をトイレに置いているので、床は虫の死骸だらけになっている。蜘蛛の巣にゲジゲジも転がり、いい加減掃除をしなくてはと思っていた。ティッシュで死骸をかき集め捨て、お湯で搾った雑巾で床を拭く。壁が茶色いヤニ(煙草は吸わないが蚊取り線香を焚くとヤニが付く)で変色していたがきりがないのでサッと拭いた。床を雑巾で拭き終えた後は、アルコールをスプレーして拭く。見違えるようにきれいになった。ついでにトイレのスリッパも洗う。スリッパを洗っていると(……靴も洗いてぇなぁ)と思う。

ジョギング用のスニーカーとリーガルの革靴、クロックスのサンダルしか持っていないので履くのはいつもスニーカー。履きはじめて3年は経っているが、一度も洗っていないので初めて洗う。洗うものもないので、石鹸を手に塗って手洗い。綺麗になっていく靴をみているとテンションが上がってくるwサンダルとスニーカーを外に干し、T-falのポットやヤカンを洗う。普段使っているが、なかなか洗うことがない。せっかくの機会なのでまとめて全部洗ってやるぜ。そんな中、とくに「やってよかった」としみじみ感じたのが除湿器。フィルターは埃だらけで糞汚い。最近音もなんか変だった。ピカピカに拭いてやり俺のテンションも上がるw

dscn9920-2_r3%e3%83%9f%e3%83%8bdscn9922-2_r3%e3%83%9f%e3%83%8b

dscn9917-2_r3%e3%83%9f%e3%83%8bdscn9919-2_r3%e3%83%9f%e3%83%8b

図書館で借りた「ぺコロスの母に会いに行く」「思い出のマーニー」を鑑賞。「ぺコロスの母に会いに行く」は、初めて見るが感動して泣いた。「思い出のマーニー」は何度か見ていたので泣きはしないが、改めて見ると丁寧に作られていて初めて見た時よりも好印象だった。

全く日記を書いていなかった…と言っても生活に特に劇的な変化があったわけではない。ほとんどパソコンにかじりついての作業で、夜中の10時ごろから翌朝の5時までひたすらネットショップの商品を更新し続けていた。1つのホームページだけではないので在庫を確認しながら写真を撮影し直し、商品の説明文もこまめに直した。

明石家さんまがテレビで毎日3~4時間しゃべっているのを見ていると本当にすごい体力だと驚かざるを得ない。天性の才能なんだろうけど、よくしゃべると感心する。貧乏、ハゲがアピールする番組をやっていて、風間トオルの貧乏話が凄すぎて笑った。本人は至って普通に話すので、それがまた面白い。あまりに面白いので本とか出してないかなーと探してみると「ビンボー魂」という本を発見し、即買い。ちなみにもう読み終えているw

テレビばっかり見ていると頭悪くなるなぁ、記憶力が低下するのでやめよう。癖で付けてしまうのがいけない、24時間やってるから半永久的に見続けてしまう。あとは菓子禁止。駄菓子が止まらなくなっている。あとは珈琲中毒でおかしくなってる(;・∀・)外食も増えてきたし、このままじゃダメだなー。商品の売れ行きはいいんだけど利益があんまり…。

日本ってニュースやりすぎじゃないかなー。朝から晩まで同じニュースをずっとやってどうすんだろう。愛ちゃんの結婚、豊洲、熊出没…こんなんを毎時間毎分よくも飽きずにやってるわ。池上先生の授業とかもっと為になる番組をやってほしいな。

「ビンボー魂」を読破。「夜と霧」「世界悪女物語」をちまちま読んでる。気になる言葉や関連する書籍やDVDを検索しながら読んでいるので進むのが極端に遅い。実家から持ってきた窪塚洋介の「放流」の写真を見ていて靴が異常に欲しくなる。履きやすい靴とブーツが欲しい。別にブランドじゃなくてもいいけど。この間の財布みたいにぶっ壊れるまでは使い続けるつもりでいる。あと、今乗っている車のタイヤもそろそろ買わなきゃヤバい。

しくじり先生で「さらば青春の光」が出ていた。フリーの芸人というイメージしかなかったが、よくよく聞くと凄いことやっていて笑った。意外にガチクズだった。映画のタイトルなので、パンク野郎かと思いきや本人達は映画を知らないとかw調子に乗って失敗したみたいだけど、先輩芸人の嫁と浮気したっていうのは凄い…。大学時代はメイプル超合金のカズレーザーと組んでいたらしい。フリーになった後に、有吉の番組でいろんな芸人がいる中でネタを発表したら周囲の誰も笑わなくてビビった。あれだけやらかすと全事務所からシカトされるのかと思うとゾッとする。

「さらば青春の光でテレビで出していいんですっけ?」

⇒「おっぱいと一緒」の返しはマジ神ww

その翌日か翌々日にテレビでしくじり先生のスペシャルをやってる。「昨日見たばっかりじゃねーか」と驚く。水道橋博士、マネーの虎の南原社長、徳光の息子。素晴らしすぎるメンバーにワクワクしながらテレビの前で待機する。水道橋博士の猟奇的な行動は知っていた。こんなに情緒不安定な人だとは思わなかったので驚いた。ニュース番組でいきなり禿げてたりしたから変人だとは思っていたけど…。オウム真理教とかの信者とかはこんな感覚なのかもしれないなんて思ったりもした。南原社長と言えば「マネーの虎」。当時みんなが見ていた。俺は、高橋がなりファンだったのでいつも見ていた。南原社長は、社長の中でも特に冷酷な感じがしていて見てて怖かった。借金をして会社を潰した後に再び社長に返り咲くのは、さすが持ってるなぁ。クズ光はパスw