11月4日(# ゚Д゚)XXめだまに悲劇が襲い掛かる(´;ω;`)ウゥゥ

img_20161105_095825

11/4 1日目

嫁を糞田舎に残したのが運の尽きだった。この「運の尽き」という言葉がこれほどまでに確実なものになるとは思いもしなかった。出かけなければよかったと今でも後悔している。心の底から後悔している。定期的に実家に帰る。今の時代には珍しい親孝行な俺であるが、俺の親が気を使うに違いないという理由で嫁は留守番をすることに。俺は実家で1泊もしくは2泊を考えていた。お客さんのところに9時へ行かなければならないので、6時半ごろの出発。寝坊が怖いので不眠状態で準備をし、3時間コースを想定して出発。常日頃一緒にいる嫁と一時的に離れる。男一人で好き放題!!なんて事は1ミリも脳裏にはなく、いつも嫁が座っている助手席に自分の荷物が置いているのを見る。こんなに寂しいことはない。話し相手もいないし、面白くない旅が始まるなぁと思っていると悲劇が発生…。

がががっがああああああああああああああん

と超激しい音が車内に響き渡る。

え?今のなに??(;´・ω・)

凍り付く車内(俺しかいないけど)で驚きながらも車は走行。謎の音から数分、フロントガラスの右斜め上に銃弾を受けたような跡を発見する。青ざめる俺…。うっわぁ…マジ最悪なんですけどぉ…。

1479456552364

さすがに貫通することはなかったが、なかなかにヤバい傷。しかも、だんだん時間が経つにつれ、銃弾から(#^ω^)ピキピキと線を描くように割れ、見るも無残な姿になっていく。これが、助手席なら(運転席に比べればの話だけど)まだ気にならないのかもしれないが、運転席の目の前は非常に困る。いやでも目に入ってくるし不愉快。しかも、今回の場合、俺は完全に被害者だ。しかし、石を落とした相手はわからない。訴えることもできないのだ。運がなかったと諦めるしかない。フロントガラスを突き破って頭が吹き飛ばされなかっただけ救われたと感謝すべきだろう。

お客さんのところで用事を済ましていたが、頭の中はフロントガラスをどうするかでいっぱい。車が好きでもない俺からしたら地獄でしかない。石を落っことした相手を恨んでもしょうがないが、いやでも目に付くフロントガラスにストレスを感じる。このフロントガラスのせいで、地元での仕事+利益が全部パーになってしまうのだ。利益パーどころか完全な赤字だけどな。しかし、金が急になくなると分かった瞬間に無駄使いしたくなるのはなぜだろう。無性に無駄遣いがしたいぜ。

お客さんの用事が終わり、次のお客さんのところに行くまでに3時間くらい時間が余ったので、一度実家へ帰る。俺が入っている「そんぽ24自動車保険」に電話する。今まで保険を利用した事がないのでドキドキしながらかけた。事故受付の電話対応は非常に良かった。俺も短期のバイトでコールセンターをしていたが、対応の良さが電話越しに感じ取れる。「怪我がなくて何よりです」というマニュアル通りであろうセリフが面白かった。車両保険と照らし合わせた結果、俺の実費は5万円。「そんぽ24自動車保険」の保険を使って直す場合、保証してくれる金額は5万円を超えた金額分となるらしい。これで7等級が6等級に下がり、年間の保険料は2万円増。ちなみに俺のアルトちゃんのフロントガラス交換の見積もりは約7~8万円らしい。保険使ってもしょうがない、結局5万円払うのなら7万円も変わらない気がしてくる。寝ずに運転したこと、いきなりの出費に疲労した俺は仮眠。

爆睡している間に、「そんぽ24自動車保険」が提携しているガラス屋から連絡が来る。寝ぼけた頭に内容が入ってくるわけもない。長々と説明された内容は1ミリも入ってこず、「またこっちから連絡する」と答え、お客さんのもとへ行く。お客さんは、生活保護受給者である。ガス代を2ヶ月滞納、電気代を1ヶ月滞納、家賃1ヶ月滞納のかなりのツワモノで、受給した金は3日くらいでなくなる。残りの日数をどうやって食いつないでいるのか常に不思議でならない。どうしてそうなったのか謎だが、現在は独り身にもかかわらず毎月5万円の携帯代を支払っている。それでも、本人は勝手気まま自由に楽しく暮らしている。まるで昔の落語家のようだ。フロントガラスで悩んでいるのがバカバカしくなるほどの爽快感を感じた。敷布団が欲しいと言っていたので、田舎の家の押し入れにあった敷布団を売った。入居させたのは不動産営業の頃の俺だが、このアパートはかなり寒い。

お客さんの用事が全て終わったので、眼鏡屋で眼鏡を修理し、文鳥の餌を購入する。何店舗かで商品を仕入れ。だんだんと今日の出来事を思い出しイライラ。どうして何もしていない俺が、酷い目に遭わなきゃいけないんだと八つ当たりしたい気持ちになってくる。すると、さっき会った生活保護受給者のお客さんから「布団ありがとうございます。暖かくて気持ちいいです。」とLINEが来た。若干優しい気持ちになる。実家に戻り、ステーキを食べながら金曜ロードショーで「となりのトトロ」を見る。長い一日だった。しかし、悲劇は終わらなかった。