温泉で死にかける、溺死回避×ステーキ様、ありがとう♡

俺は今年で30歳になるが、やっぱり無理はしない方がいいと確信することがあった。いつも通っている温泉へ行った。月に1~2回は来る温泉で、入って出るまでのコースは自分の中でだいたい決めている。まず温泉に入る前にコップ1杯の水を飲む、水分を補給したら身体を洗い、熱めのお湯に入る。身体が温まってきたら普通のお湯かサウナに入る。最後に熱めのお湯に再度浸かって上がる。これがお決まりの流れだ。しかし、今回に限って何を思ったのか俺は意味不明な行動を取ってしまう。水分を補給せずにシャワーで軽く身体を洗い、いきなり乾いた身体でサウナへ。全然濡れていない身体でサウナに入った為、汗を全然かいていない。サウナを出て、熱いお湯→普通のお湯。何となく身体が怠い。最後に熱い湯に浸かろう。G-SHOCKを付けていた俺は(今、19時27分だから30分になったら上がろう…)と一人で耐久熱湯風呂を開始。30分になり、立ち上がった瞬間。目が霞む、身体が凄く怠い。これはヤバい…。気持ち悪い…。フラフラになりながら温泉を出て、トイレの個室で休もうと思ったら使用中‼駄目だ…もう立っていられない…頭がぐるんぐるんする。洗面台が空いていたので座る。水を飲むが気持ち悪い。段々、体調が回復してきた。着替えを済まして、休憩室に行くと嫁が横になって寝ている。何て無防備なんだ。「お客さんお客さん!!」と起こすと、食らった時の中居君(元SMAP)をしている。俺の顔があまりにも青ざめているので驚いていた。年寄りが風呂で死ぬ事が多いのが理解できる体験だった。気を付けなきゃな。


マツコ会議のステーキ回を見て、我慢できず、見た翌日ファミレスへ行く。朝と昼に何も食べず、車を飛ばして、雪が降りタイヤが滑る中ファミレスに到着。270グラムのステーキにサラダバー、スープバー、カレーライスを食らいつくした。満足‼本当に満足‼人間に産まれてよかった‼万歳‼もう一生食べなくても良いと思うが、翌日には既に食べたくなる。完全に病気。またしても外食の虫が脳と胃で騒ぎ出すぜ。このステーキ以降、胃がぶっ壊れ、2日間腹を下す。腸内環境を整える為、「メグミルク 恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」を飲む。飲んだ直後にトイレへ駆け込む。「星のカービィ スーパーデラックス」の2Pが死ぬときのボボボボボボボボッ…パーン‼‼みたいな感じだった。分かんない?