ニンニク焼いて食う

何を頑張ると言うわけでもないがニンニクや山芋(とろろ)をひたすら食べている。誰と戦うのか何を守るのか…とにかく食らいついてる。あとは鰻に亜鉛を飲んでいる。性欲を高めたいわけでもない。健康に気を使っているわけでもない。ただ好きで食べている。上の画像はニンニクをオリーブオイルで炒めただけだ。何のコツもない。ここ最近は台風が来ているせいもあって出かけるのが非常におっくうでほとんど家の中で過ごしている。しかも夜更かししているので昼間で眠っている。死んだおじいちゃんが出てきたような気がするので、7月7日の亡くなったおじいちゃんの誕生日に墓参りへ行こうと思っている。

映画も見ているがイマイチ面白くない。以前紹介した「乱死怒町より愛を吐いて」が面白かったので、同じ監督で同じようなメンツの出ている「死殺カオス猿の帝国」を見た。かなり期待していただけにガッカリ。内容がイマイチで、ちょっと流れたパンクなメロディがイカしているだけで内容が酷すぎて見るのを途中で諦めてしまった。棒演技過ぎるのと、ザ・クレイジーSKBがカンペをガン見なのがちょっと…あと人を殺せば面白いって発想は止めた方がいい。てきとうでもいいのでそれなりにストーリーは必要かと。

「セクレタリー」って映画も見た。主人公の声を三石琴乃さんがやっている。「エロティック・ラブストーリー」「ドキドキのSM体験」と言うので興味津々で見てみたが、んーまぁレディコミっぽい内容で、男性的には面白くないかも。何というか結局何がどうしてこうなったの?何が面白いの?という置いてけぼり感が凄く残った。残念‼

YOUTUBEでACUTEとNEMESISを爆音で聞く。ACUTEは、日本のハードコアバンド。ヴォーカルのキンキン声が脳内を駆け巡る。2007年に発売された自主制作「へび女」を円盤(インディーズのCDを販売してる)で通販購入して以降熱狂的なファンである。「へび女」も素晴らしいアルバムなのだが、一番良いのはEPの「猟奇と幻想」。これはマジで最高。4曲しか入ってないが十分。特に最後の「罰当たり」は名曲で、歌詞の「甘えてんじゃねえ、この糞野郎、お前の全てが罰当たり」は何度聞いてもカッコいい‼なぜ話題に上がらないのか不思議でしょうがない。なぜだ?