M-1グランプリ2017 敗者復活戦

今日は約1か月ぶりにテレビを付けた。PS3の「WHITE ALBUM2」をするためにテレビ自体は付けていたが、テレビ番組やCMを見るのは本当に1か月ぶり。この1ヶ月はずっと「WHITE ALBUM2」だったので、テレビが凄く新鮮だった。そして、やっぱり見るだけ無駄だと再確認した。ニュースも月に1回見ればいいな。そもそも、自分自身に関係ないニュースなんか見るだけ無駄だ。猫がエアガンで撃たれるとか、見たくもない映像をわざわざ見るのも気分が悪い。今日テレビを付けたのはもちろんM-1グランプリ2017があるからに他ならない。そして、敗者復活戦がメッチャ楽しみ。

今年の敗者復活戦は、近年まれにみるレベルの高さだった。本当に皆面白かった。逆に期待していたコンビが、ちょっと雰囲気にのまれている気もした。

30位 ランジャタイ(オフィス北野・芸歴10年)
初めて見る。ほとんど病気wとにかく先の読めない異様な展開が続く。ボケが正気と思えないような動きと発言をする。一発目に何て言うのかと思いきや「我がクソッタレ人生にさよならポンポン‼」と意味不明な事を言い、最後まで謎の連呼を続けていた。かたつむりって芸人のボケみたいな落ち着きのなさだった。個人的には好きな感じだけど、M-1で決勝は難しいかもしれない。

29位 笑撃戦隊(ワタナベエンターテインメント・芸歴10年)
安心して見れた。お互いのやろうと思っていたネタを一緒に混ぜてやるという特殊なネタ。あんまり見たことがない内容だったが、ボケのそれっぽいインタビューが笑えた。あの真顔が凄くツボった。あとインタビュー回答の際の「野球ばっかりやってたんで」って台詞が面白かった。もっと売れてもいいんだけどなー。

28位 からし蓮根(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴4年)
芸歴4年とは思えない余裕と貫禄。出てきた時にずいぶん若いなぁと思ったら全然年下だった。自分も年をとったと痛感する。熊本訛りの絶妙なツッコミが素晴らしい。特に好きだったツッコミは「ゴミみたいな奇跡起こすなよ」。ツッコミがメッチャ上手で、ボケも見かけによらず動きが身軽でそれも面白かった。まだまだ出場できるので、いつか優勝する日が来るやもしれん。

27位 Aマッソ(ワタナベエンターテインメント・芸歴7年)
全然意味がわかない。去年はネタが好きじゃなかったが、今年はネタの意味がさっぱり分からなかった。何を言ってるのかがわからないので、ボケもツッコミも意味不明。コントっぽい感じも入れてるが、どんな状況なのかが伝わらない。なんで敗者復活戦に出てるのか理解できない。

26位 三四郎(マセキ芸能社・芸歴12年)
小宮のネタのセンスと言葉のセンスがいい。ネタの組み立て方が上手で面白い。「2人とも片親です」という悲しい最初の掴みがまずウケた。「ボケ終われ」「怯えろよ」という小宮の独特なツッコミが印象に残る。相方の相田が、動き回って喋りまくってて面白かった。挙動不審な相田に対する「クスリやってる人のいいわけだろ」ってツッコミと、空振りのパンチに微動だにしない相田の「死んでんのか」ってツッコミが面白かった。どっかの漫才師のやり取りで見たことあると思ったら去年のかまいたちの敗者復活戦だった。

25位 東京ホテイソン(グレープカンパニー・芸歴3年)
サンドウィッチマン、カミナリの所属する事務所のコンビ。深夜の番組で一回見たような気がする。ナイナイの岡村が出てたやつ、確か。ツッコミが、歌舞伎役者のような動きとツッコミをする。舞台俳優みたいな人だな。ヴィジュアル系の曲みたいなタイトルがカッコいい。「バイトやめたい!応援お願いします」というコメントがリアルで応援したくなる。この芸歴3年が10年とかになると店長に昇格できるくらい偉くなるんだろうか。最後にもうひと笑い欲しかった。

24位 アイロンヘッド(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴10年)
初めて見る。すれ違いネタ…ともまた違った不思議なネタだった。全体的にいいネタだと思うが、もっと細かいボケを増やした方がいいと思う。若干ダラダラとしてしまったような気がした。他のネタが気になる。

23位 セルライトスパ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴9年)
逸材。初めて見るが、物凄く上手い。ボケが面白すぎる。間合いとかタイミングとか細かい動作や仕草が完璧。プロの漫才師の腕を見せつけられたって感じ。次々と飛び交う発言がすべて面白かった。大きいロケットパンチみたい、わさびって辛いですよねぇ、という思いつきそうで思いつかない不思議なボケを漫才に山ほど入れている。細かいボケを連発して笑わせ続ける芸人は、本当に腕があると思う。

22位 囲碁将棋(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴13年)
去年見なかったと思ったら準々決勝で敗退だった。囲碁将棋の腕でも準々決勝敗退なんて本当にレベルが高いんだな。「お笑い芸人でーす」と登場、そりゃそうだろと爆笑。安定してスムーズな漫才に安心して見れた。場数を経験した余裕のあるスピーディーなやり取りは超ベテラン。

21位 天竺鼠(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴14年)
相変わらず最高。いきなり自前マイクを持ち込もうとして会場を大爆笑の渦に‼敗者復活戦で一番ウケたんじゃないかってくらいウケてた。「夫婦でやってます」「見てない人も集めたら全人類です」「谷折り線の刺青が入っている」というクレイジーなネタを次々ぶっこんでいく。それにしても、最近のボケは狂ったヤツ多すぎだろw正気とは思えないネタにひたすら笑い転げた。

20位 霜降り明星(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴4年)
去年に引き続き動く動く。本当に激しいなボケ。舞台をこんなに走り回るヤツはそういない。超大量に詰め込まれたボケの嵐に、どんどんツッコミが入る。今後に期待。去年よりずっと面白くなってる。

19位 見取り図(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴11年)
ツッコミが面白いし、上手。ツッコミが「怪獣ウーガ」という謎の単語を発し、そんな怪獣がいるのかと思ってたら自分で「怪獣ウーガって何?」と言い出してメッチャ笑った。絶妙だなぁ。本当に上手だわ。

18位 ハライチ(ワタナベエンターテインメント・芸歴11年)
今まで吉本だと思ってた。あんまり好きじゃないんだけど、このネタは凄い。本当に爆笑した。10秒近く無言を貫く勇気がマジで凄い。このクオリティはヤバい。澤部が目立つハライチだけど、ネタ製作者の岩井は相当の実力者かも知れない。いいネタでした。

17位 南海キャンディーズ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴14年)
このツーショットは凄く懐かしい。知名度ゼロの時代にM-1グランプリで見た時。本当に衝撃を受けた。毒を含んだ山ちゃんのやんわりしたツッコミが相変わらず良い。つか、しずちゃん可愛くなった?あの決めポーズやっぱカッコいいな。

16位 アインシュタイン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴7年)
去年の方が面白かったかもしれない。もっとボケの数を増やせば、いきなり決勝戦に行けそうな面白さ。そろそろ全国ネットで売れて欲しい。

15位 さらば青春の光(ザ・森東・芸歴9年)
やっぱり腕がある。ネタ作りのセンスが、ピカイチのさらば青春の光。でも、なんか物足りなさを感じた。ボクシングをあまりにも引っ張りすぎたような気がする。他の芸人も沢山いるせいか、いつもみたいに独特の世界観に入れなかった。

14位 大自然(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴2年)
途中で飽きてしまった。間延びして笑えない。ボケも少ないし、テンポも悪いし、それがウリなんだろうけど、個人的にはあまり好きな感じじゃない。

13位 ニューヨーク(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴7年)
去年のコンビニのネタの方が面白かった。相変わらずボケの身軽さが凄かった。もっと爆笑が起きてもよさそうなもんだけど…。後半になると客も疲れてくるのかな?壁を殴るってボケだけを引っ張りすぎた気もする。

12位 相席スタート(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴4年)
んー苦手だな。漫才も上手だと思うんだけど、あんまり好きじゃない感じ。どのネタも似たり寄ったりで、ちょっと意外性がない。またこの感じかぁって思ってしまう。

11位 スーパーマラドーナ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー・芸歴14年)
ベテラン過ぎる。相変わらずテンポも展開も切り返しも素晴らしい。ツッコミの鋭さもあるが、何と言ってもボケが最高。有り得ないほど動き回って、ありえないほど喋りまくる。このスピード感は本当に凄い。早く売れてくれ…。