天才の読み方/齋藤孝 メモ

●ピカソ

・20世紀最大の芸術家。

・最大→想像を超える作品数

→六万点~八万点→創作活動期間(10歳~亡くなる91歳までの約81年間)

→平均一日二~三点の創作ペース

・45歳の時に17歳に恋する→「ぼくたち二人で、素晴らしいものが生み出せる」

・精力が湧き出るように行動し続ける

・刺激を与えてくれるものを探す

・対象を眺めているだけでなく、それをどうにかしたくなる

・どんなにちっぽけなものであっても、ピカソのところに置かれたものはすべて、時限爆弾同然である。時が来れば、必ず爆発する。

→臭いを嗅ぐ、触る、調べる、手を加える

→あらゆるものを喰らい尽くす

●宮沢賢治

・早く歩くことによって、自分の心の中を世界が通り過ぎていく

・そこで見えたもの、感じたものを、その場で言葉にしてメモ

・つねに自分を鍛える意思を持つ

・知識に対して貪欲

・世界のあらゆることに興味を持つ

・一ヶ月に約三千枚の原稿を平均して書く(一日百枚)→夜の限られた時間で書く

→一時間も無効にしては居りません

・自ら実際に性的な行為をしない→自分の中の修羅を意識するという訓練

ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります。 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする