けものがれ、俺らの猿と

音楽

犬とチャーハンのすきま/町田康

賃貸の営業をしていた時代、スーツを着て車を走らせ、近所を行ったり来たりしていた。社会人も何年目かになり、とりあえず頑張って生きていた。それでも日々はクソッタレで、毎日ろくでもない事が発生し、責任を押し付けられ、追い込まれ続けていた...
音楽

溶け出したガラス箱/吐痙唾舐汰伽藍沙箱

高校くらいの頃だったと思うんだが、俺は両親に「生まれてきた時代が違かったかもしれないな」と言われたことがある。理由としては、最近の音楽よりも懐メロに心を揺れ動かされていたからだ。俺は1987年生まれだが、吉田拓郎、井上陽水、80年...
日記

天より下にありし者 交通誘導員 27日目 死んだ奴もいるってさ×クロアチアン・ラプソディ×ユーチューバー×パンク侍、斬られて候×ジュラシックパーク

曇天な上に寒いんかい!!昨日のムシムシとは打って変わって寒いんだよ糞がっ‼何か異常に寒い日だった。風が冷たいんだよ。今にも雨が降りそうっ‼って感じで1日降らなかった。仕事が進んでいないのか、みんなハイスピードで仕事をしていた。あと昨...
日記

台風が来れば電波障害が起きてテレビは見れなくなる

★7月1日 色々あって眠れないまま出かける。2日間睡眠を取らずに運転をしていた為、帰り道の記憶が全くない。途中で嫁に運転を変わってもらうが、俺以上に顔が虚ろでヤバかったので交代する。何処かで休憩もよかったのだが、家までもう少し...
日記

ムッシュかまやつ亡くなる

78歳というのは早死にでもないが、寂しい。本当に偶然で訃報を聞く何日か前にYOUTUBEで吉田拓郎のLIVE(確かつま恋ってライブだった)を聞いていた。その時、聞いていた曲は、吉田拓郎が、ムッシュかまやつの為に作詞作曲した「我が良き...
日記

実家にある私物を片付ける⑤

これもチラシシリーズ。カッコいいと思った映画や見ておきたい映画のチラシを集めていた。新聞をわざわざ切り抜いた「阿修羅城の瞳」だったが、特に面白かった印象がなかった。他には、タダでもらえる絵葉書やレコードカーニバルのハガキ。寺山修司の...
映画

映画鑑賞13 けものがれ、俺らの猿と

俺の人生が滅茶苦茶に破壊されたのは全てこの映画のせいだ。中学生時代、こんな不条理な映画に出会ったばっかりに…。当時の俺が生きられたのは、シュール映画とギャラクシーエンジェルのお陰である。これが無ければ今の俺は存在しない。どうして、この映画を...
映画

映画鑑賞2 ねじ式

サブカル界伝説の作品に「ねじ式」というカルト映画がある。そもそもは、つげ義春のシュールな漫画が原作となっている。日本のサブカルチャー文化は、この作品から生まれたといっても過言ではない。中学の頃の話になるが、俺が中学の頃は無気力でヤル気がなく...
小説

屈辱ポンチ/町田康

「けものがれ、俺らの猿と」「屈辱ポンチ」の2編収録。「けものがれ、俺らの猿と」は最早語るまでもない傑作。映画は、何度も見ていたが小説はそういえば読んでいなかった。映画→小説の流れで見てみると、非常に面白い!!映画で無かった内容が小...