さくらももこ

漫画

からっぽの世界/山田花子

別に狙って買ったわけではなかったが、5月24日は山田花子先生の命日だったらしい。偶然とはいえ少し不気味だ。今生きていたら51歳とかそんくらいか。 ちびまる子ちゃんを読んでいると、山田花子先生の漫画が無性に読みたくなる。さくら...
アニメ

amazonプライムでちびまる子ちゃんが見れるので2週間で115話まで鑑賞する日々③大人になったまる子が可愛すぎて死にたい

実際のさくらももこ先生は、まる子のように明るく元気ではなく、どちらかと言えば大人しい女の子だったらしい。他にもアニメでいつもまる子の味方をしてくれる友蔵が、意地悪ジジイだったり、本当のお父さんは借金して蒸発、おばあちゃんは自殺…と...
日記

さくらももこ先生の凄さを語る

容赦のない日常を描く狂気の漫画家 世界には常識や法律がある。それと同時にアニメやテレビの中でも「やっていい」「やってはいけない」という暗黙のルールがある。最近の漫画は、いじめ、暴力等が当然になっていて、内容はより過激なものになっている...
漫画

永沢君/さくらももこ

特徴的なタマネギ頭、不愛想で暗くて嫌味な事を言って周囲を不快にする。同様に冴えない友人二人を引き連れる彼の名は永沢君。ちびまる子ちゃんの中でも目立たない永沢君にスポットライトを当てた短編作。日本中の冴えない中学時代を送った男子爆笑の...