オレの日記⑮ 体育祭の練習で、アリジゴクを作った

オレの日記 2001.2.1~2001.9.28

2001年4月23日(月)~2001年4月27日(金)

【19年後の俺の説明】

小デブのおばさんの話は、今でも覚えている。隆志の家の前で、まあまあデカい声で隆志が話した直後に玄関の扉が開いて、全く説明通りの不機嫌なおばさんが出てきて、押し黙った。あのタイミングの悪さは忘れない。

教室で屁の臭いがして、勝手にその場にいない女子の名前を出した。当時の性格の悪さがにじみ出ていて、非常に良いですね。確かに「木」って詩だかなんかを読んだ記憶はあるんだけど、作者がわからない。

体育祭の練習でアリジゴクってサボってんじゃねえか。学校が、いい加減嫌になってきてるようだ。色々な事が上手くいかなくて、何もかも諦めて暴れ出したころだと思う。ドラえもんふりかけを担任が持ってきて、それをかけて食うというエピソードも意味不明(笑)

コメント