働きたくない×ザ・シムズ3×藤原竜也

ここ最近働く気力がいつも以上になく朝から昼間でぐっすり眠っている。働かなきゃと思ってはいるが身体がその気にならない。無理やりにでも午前中に起きなきゃ仕事は出来ない。洗濯やら皿洗いやらのんびりしてるうちに夕方になって夜になって次の日が来る。何とも生産性がない。Twitterのエログロツイートを2時間くらい眺めてから寝たら変な夢を見た。覚えていないのが本当に悔しい。仕事をしなきゃいけないのに、遊びたがっている俺。

明日はってゲームで遊ぼうと思っている。買ったのは2ヶ月も前だが、購入しただけで満足してやっていない。ゲームだけじゃなくDVDや本も(欲しいなー)って思ってやっと買ったと思ったら見ない遊ばないやらない。メルカリとかに出して売れたら慌ててやる読む遊ぶ。遊びなんて娯楽だから遊びたいときにやればいいのに、まるで義務のようにやらされる感がなければ遊ばない。なので前の日から決めておかないと絶対にやらないと思う。

そういえば漫画を描きたいなぁって思って漫画をネット書く道具を購入したんだけど早速やらなくなってきててマズいwこれだよ。買ったらやれよ俺。もう手元にあると安心しちゃうんだよなー。俺のくそみたいな人生を漫画するのが長年の夢だったのでそれを叶えるために買った。とりあえず使い方もよくわかってないので、徐々に使って絵を描けるようになってから漫画だな。目標は一日一枚。できるだろーか?

テレビで映画「僕だけがいない街」をやっていた。アニメはすごく面白かった。映画はちょっと内容が割愛されてたり、変更されてたりした。主人公が藤原竜也ってだけすでに面白かった。最近は蚊取りシーズンなので、金鳥の渦巻のCMで藤原竜也をよく見かけるが違和感がとてつもなくある。こんなのは藤原竜也ではない。藤原竜也はいつだってダークな男なのだ。正義でも悪でも声を震わせる熱演は日本一である。バトル・ロワイアルの七原秋也から始まり、デスノートの夜神月、カイジの伊藤開司。キャラクターの偏り具合が素晴らしい。寺山修司の舞台「身毒丸」での演技も良かった。白石加代子の狂気に満ちた演技に負けない演技に惚れ惚れした。そんなこと言ってたらバトルロワイアル見たくなってきたわ。川田役の山本太郎が、今じゃ議員になってるんだから何が起こるか分かんない…。