「WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-」を絶賛プレイ中③ 風岡麻理ED

★ネタバレ注意★

もう精神的に病んじゃうから「このゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています」って入れといた方がいいんじゃないかな。それにしても鬼のように長いなこのゲーム。これを全部クリアするのに何時間かかるのやら。これをプレイした人達の時間の使い方が見てみたい。俺みたいな自由人が1日18時間くらいやって寝て起きてってやっても結構かかるのに、普通に学校や会社員やってたら出来ないんじゃないか?しかも内容も特別中毒性あるし、クリアするまで他のこと考えられなくなる。廃人間違いなしだわ。

ようやく小春ルートが終わったので、早朝3時まで風岡麻理ルート。年は越したがなかなか進まない。というより主人公の様子がおかしい…。小春の時の頼りになる先輩の面影はなく、頭のおかしな甘えん坊になってしまってる。すぐに泣くし、喘ぐし、ドタバタするし、もう呆れるを通り越して笑えてくる。情緒不安定過ぎるだろ。麻理さんを落とすのは「年下甘えん坊かまってちゃん」が一番いいらしい。

麻理さんは流石に大人の女性、尚且つバリバリ仕事のこなせるキャリアウーマンなので、そう簡単に主人公の前でデレない。しかし、見えない所で少女の如く身をよじらせてデレまくっている。そのギャップと頼りがいのある男勝りの性格が魅力だろうか。大人でストレスもたまっているようで性欲旺盛。麻理さんは、カズレーザーみたいな友人からピルを貰って腰が砕けるほど主人公とやりまくる。5連発もやってるので本当に凄まじい…。

ノーマルルート同様に4人(主人公、雪菜、依緒、武也)で雪山ロッジにスキーへ行き、麻理さんの飛行機は飛ばない…。あぁ、またですか…分かってますよ…。行くんですよね。雪菜と同じ部屋にいても行ってしまうんですよね。ロッジにこだまする雪菜の鳴き声に、分かっていながらもガッカリ。

小春ルートほどシビアな展開はないが、やっぱり雪菜に悲劇が続く。麻理さんルートとおっぱいルート(千晶)をクリアして思うのは、2人とも小春ほど主人公を愛してない。メインヒロイン2人は全くの別格としても、小春くらい全てを投げ打っていない。要するにただの好き。小春は学校での居場所や友人を全て捨てて主人公に近づこうとしている。それに比べるとイマイチ熱意を感じない。小春ルートの次にやったので、精神衛生上救われたが、ストーリー的には夜のドラマっぽい印象だった。申し訳ないが、所詮サブヒロインだな…。