宮城県石巻市にて利久の牛タンとアカモクを食らう

仕事で車を飛ばし石巻市へ行く。久し振りに牛タンが食べたくなったので、嫁と2人で「牛たん炭焼 利久」へ入った。牛タン定食を頼み、アカモクという見慣れない食材を発見する。

仙台の利久にはなかったような気がする。栄養たっぷりってすげえ‼

あまりネバネバもせず、磯っぽくもないので山菜か何かかと思ったが、海藻らしい。味も山菜っぽい。しかし、ご飯と合っていて美味しい。家にあればずっと食べていたい。三重県では食用にする習慣があまりなく「漁船のスクリューに絡む厄介者」扱いされて「邪魔モク」と呼ばれることもあったとウィキペディアには書いてあった。ワカメやひじきの仲間らしくスーパー海藻と呼ばれるくらい栄養がたっぷり。

宮城県塩釜市では、アカモクの知名度向上と販売促進の為に渚の妖精ぎばさちゃんというアカモクを擬人化した萌えキャラがいる。アカモク販促用の用途の場合は無償利用が可能らしいので、ここでは思い切り画像を貼らせてもらう。髪がボサボサの美少女は個人的に好きなので萌える♡普段は赤い髪の毛らしいが、テンションがあがると緑に変色するらしい。

ちなみにぎばさちゃんはTwitterもやっているようなので気になる方はフォローを推奨
(∩´∀`)∩⇒@gibasachan

アカモクも美味しかったが牛タンも美味かった。焼肉やスーパーで売っているようなペラペラの牛タンとは違い厚みがある。毎日食べたい。誰か送ってくれ。どこかに落ちてないだろうか。拾ってでも食べたい。近所にあればいいんだけど残念ながら田舎にはない。それにしても石巻は何でもあっていいなぁ。細くて昔っぽい路地も雰囲気があっていいなぁ。