映画鑑賞6 HK変態仮面

hentaikamen1溢れんばかりのB級臭、ジャケットだけで大よそ想像がつくストーリー。急になぜ嫁がレンタルしてきたのか不明だが、まさか見ることになるとは思わなかった。なぜこれが、と実写化が不思議な作品は色々あるが、まさか20年以上前の漫画が今頃になって実写化するなんて誰が想像していたであろうか。見る必要などないと思って見ないでいたが、いざ見てみると案外悪くない。というより嫌いじゃないのが本音だ。

hentaikamen4

刑事の父親と女王様の母親の子供として産まれた主人公が変態仮面なのだが、大人気のイケメン俳優である鈴木亮平が配役でまず笑う。30歳の俳優が、高校生設定と言うのが凄いw黒髪で、どちらかと言えば童顔な感じも分かる。つぶらな瞳など子供っぽさもある、しかし、身体がデカいw女王様の母親は、片瀬那奈だが鈴木亮平と1歳違い、なのに母と子役という凄まじい年齢設定となっている。クラスメイトや敵もとても高校生には見えず、AVのような状態になっている。次々と襲い掛かる変態な刺客たちは、飛び切り危険な奴等で、存在しているだけで危ないが強い奴はそんなにいない。ヒロインの清水富美加ちゃんが可愛らしく、何かわからないけど変態仮面に惚れている。

hentaikamen3

戦闘シーンが激しく、鈴木亮平の鍛えられた素晴らしい肉体美が見どころ。真昼間の街中でも全然普通に出てくるのも個人的にはツボだった。女性客は、ここでGETしていると思われる。敵は全員貧相で汚いが、学校を手に入れようとしている大金玉男(ムロツヨシ)と先生のふりをしてヒロインに近づく戸渡(安田顕)の2人が強敵として描かれている。特に、安田演じる戸渡の偽変態仮面の演技力は、本当に俳優さん自身がガチの変態なんじゃないかと心配になるほどの迫真の演技だった。演技とは分かっていても性癖を熱く語る姿はかなりヤバ目だったw

hentaikamen2

ただの変態映画と言えばそれまでだが、ラブロマンスありアクションありで、下手な特撮物よりもはるかに面白い。変態仮面に憧れて、恰好を真似する人間が現れなきゃいいが。続編もあるということなので是非とも見てみたい。ちなみに一緒に見ると言って借りてきた張本人の嫁が、つまんないと言って最初の数分しか見ていなかったので、やはり誰でも面白いわけではないのだと再確認した。それにしてもカッコいい、変態だけどカッコいい。

hentaikamen5

ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります。 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする