ヨーガの呼吸法で肉体と精神がなんか凄く良い感じになれるように

DSCN9890

友達の家や実家の本棚においてある本がなぜあんなにも面白そうに見えるのか不思議でならない。書店なら絶対に手に取らない本が、なぜか魅力的で読みたくなる。このヨーガの本だって、実家になければ見向きもしないはずだ。相撲観戦から帰宅し、捕まえたポケモンを進化させ終わり、家の中に売れるものがないか物色していると、この本を発見した。

パソコン大好き今時っ子の俺は、起きて活動している時間のほぼ全てパソコンもしくはスマホとにらめっこをしている。最近ようやく飯の時間は見ないようにしていたが、それまではキーボード上に皿を置いて食事をする異常っぷりだ。オマケに極度の超絶猫背であり、人間ドッグで「眼圧が少し高いだけで異常はありません。ただ、凄く猫背です」と医者も太鼓判を押す猫背だ。もう骨が変形してるのだろう。姿勢も悪いし、歩き方も悪い、座り方も悪い。ドライアイで、眼圧も高く、渇き目、かゆみもあり、視力も悪い。そんなわけで肩こり、腰痛、頭痛が俺の身体を崩壊へと誘う。

引っ越し前に住んでいた近所の整骨院のお兄さんは、「運動不足」「刺激物摂取」「眼精疲労」「睡眠不足」「ストレス」によって引き起こされる緊張性頭痛が原因だと診断していた。その時もブラック企業ど真ん中でストレスのどん底にいた。通常の頭痛とは異なり、首筋から頭全体が締め付けられるように痛く、吐き気や眩暈まで引き起こしていた。肩もガチガチで冷たく、お兄さんに「よく我慢してたね。爆発寸前だよコレ」と驚愕していた。なるべく外を歩くようにし、カレーや炭酸飲料や酒を止めて水分を死ぬほど取り、画面を見ているだけで苦しいスマホをガラゲーに換え、首や目を暖め、寝る少し前にパソコンや携帯を完全シャットアウトし、状況は改善された。しかし、いざ改善すると安心して元に戻る。

引っ越し後は、パソコンやスマホを同じ態勢で延々と動かしているので、足がすっかり筋力を落としてしまった。肩の凝りに悩まされている俺が、最後に託すのはヨーガだぜ。これは、呼吸ストレッチでダイエットというコンセプトであるが、ガリガリの貧弱ゴボウ野郎にダイエットは皆無。本に掲載されている内容すべてはもちろんやらない。俺がやるのは、「下腹部スッキリ」「美しい背中」「からだのゆがみ」「美肌」「目を美しくする」。ずいぶんあるように思うかもしれないが、内容的には本の中の半分である。ちなみにもう半分は、バストアップやヒップアップなどの女性メインの内容となっている。ヨーガが、普通の体操や運動と違うのは、ただ身体を動かすとか筋力トレーニングをするだけでなく、肉体+精神を鍛える部分だ。自分がこうなりたいというイメージを想像し、潜在意識や心の安らぎを取り戻す…。一応言っておくが、宗教勧誘ではないので安心してほしい。

今日いくつかやってみたが、なかなかきつい。大きな運動は何一つしていないのだが、写真のとおりに身体をちょっと捻ったりするだけで汗が噴き出す。30分くらいやったが、もう満足、というより限界です。しかし、身体も温まり、なんだか身体の調子も良いような気がする。あんまり気合を入れてやりすぎると確実に止めるので、まずは無理なくやってみるとしよう。しかし、偉そうなこと言いながら、このブログはコーラを飲みながら打っている。ちなみにラベルには「世界でいちばんの作戦勝ち」とある。皮肉だろうか。

★緊張型頭痛に苦しんでいる方はこちらで解消方法を知る事が出来ます

痛みの悪循環に要注意!緊張型頭痛(筋緊張性頭痛)の解消法