地震でガッツリ鬱
スポンサーリンク

とても充実した一日だった。たまっていた面倒事を全て片付けて、YOUTUBEも時間のゆる限り撮った。サムネの編集や動画の文字入れもテンポよく出来るようになり、見た目も良い感じになってきた。

食料と弁当に具材が減ってきたのでイオンへ買い物に行く。100均に寄って、食料品売り場をぐるりと回り、総菜を見ようと……グラッ!!!と大きな揺れ!!そして長い!!かなり強い揺れにビビる!!客はみんな慌てる。俺は上の照明が心配だった。港も近い。父親から電話があり、「家に戻れ」と言う。嫁も車で帰ると言う。しかし、俺は2階に避難したかった。イオンの店員が「耐震構造なので安心してください。二階に避難してください」と言う。それでも客はみんな違う動きをしていた。俺と嫁は車で家に向かった。嫁が「灯油だけでも入れてかない?」とバカなことを言い出す。寒さよりも生死を優先させろ。結局津波は来なかったが、やはり怖い。何日か前に津波の夢を見たが、まさか本当に来るとは。

俺のおじいちゃんおばあちゃん、おじさんは気仙沼に住んでいて、東日本大震災で亡くなった。嫁が東日本大震災の時の大船渡の津波の映像を見せてきた。視聴者が投稿したスマホの映像のようで、陸があった場所が数秒後に海に飲まれている。恐怖だった。人間の作った建物がゴミクズになっていく。自然の恐ろしさを見せつけられた。その後、嫁が気仙沼の津波の映像を見せてきたが、おじいちゃんの家が近い場所で、人が波にのまれているショッキングな映像が流れ、俺は「ダメだ。見れない」と言って見るのを止めた。流れて行った車がおじさんの車に似ていた。その後は、ゆるキャン△も面白くなく、ヨーグルトも残し、気持ちが暗く沈んだ。東日本大震災を後世に残すと言うことなんだろうが、果たしてこの映像を子供や心の弱い人に見せてもいいんだろうか。それだけでPTSDになりそうだ。こういう映像を学校で見せるのってパワハラにならないのか?この日は気分が悪くて安定剤を飲んで寝た。覚えてなきゃいけないかもしれないけど見るもんじゃないな。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

💓見逃せない蒸発俺日記💓