警備員の必須アイテム紹介 初期装備編

警備員の必須アイテム 初心者 2019/6/16更新

★[アシックス] 安全靴 作業靴 ウィンジョブ 樹脂製先芯

一番重要なのが靴。とにかく靴だけは絶対にケチってはいけない。最初DMCホーマックで買ったが、小さすぎたのでamazonでアシックスワーキングを購入する。アマゾンの評価が半端なく、商品も納得の性能だった。ほぼ1日分の日当が吹っ飛ぶような7,600円の作業用の靴なわけだが、長期で働く決心もついたので思い切って買った。しょぼっちい靴じゃ地獄の1日は耐えられない。アマゾンはダメだったら返品が利くのでオススメだ。サイズは25cmで失敗したので、26cmにしたらビンゴ。

履き心地は最高。かなり軽量素材。現場だと靴は必ず鉄板入りを履かなきゃならないが、鉄板が先端に入っている靴は重くて足が疲れてしまう。しかし、この靴はA種樹脂製先芯(ガラス繊維強化樹脂)っていう何かよくわかんないけど軽くて鉄板みたいに固い感じなので大丈夫。

トゥアップ機能で転びにくい。現場は色んなモノが転がっているのでつまづきやすいので、足元を見ないでフラフラ歩いているとガーンと足首をぶつけたりする。俺は一度鉄の柵みたいなやつに足首をぶつけてしまったが、スゲー痛かった。足元は要注意。

あとヒモ靴もあまりオススメ出来ない。ほどけると結ぶのが面倒だし、重機やダンプの死角で靴ひもを結ぶのでしゃがんでいたら轢かれて死亡…なんてこともある。他にもヒモが引っ掛かって事故になることもあり得る。あとはパッと履けて、すぐ脱げるという点からもベルトタイプの方がいい。あのPORTERの財布みたいなバリバリっぽいやつね。

この靴を買って1年250日近くガードマンをやった。そして、日常生活でもほぼ100%この靴を履いていたが、かなり丈夫で未だにほとんど傷みがない。あと5、6年は履けそうだ。1足あれば数年は履きこなせる。

★ビジョンベルデ 保護めがね 軽量 可動式ソフト鼻パッド 両面ハードコート MP821

あってもなくてもいい。仕事内容にもよるが、現場作業員は必需品だと思う。手元作業や砂ホコリ等があるから。しかし、ガードマンはちょっと微妙だ。特に作業するわけじゃないし、誘導で車や歩行者や工事車両の動きを見るくらいなもんだし、あってもなくてもいい。ただ夏場にダンプが凄い回数で行き来する場合、粉塵や砂ホコリが1日中舞い踊る事がある。そんな現場では目に砂や細かい石が飛んでくることがある。日常的にメガネの人はバリアになるが、メガネをかけてない人やコンタクトレンズの人は死ぬ。そんな現場はあってもいいかもしれないが、正直買うまででもない気もする。ちなみに俺はフレームが頭を絞めつけてうざったいのでかけるのを止めた。あと保護メガネや普通のメガネも日焼け止めをキチンと塗らないとメガネ焼けをしてなかなか恥ずかしい事になるので気をつけよう。

★JINSELF 【グレードアップ版1】 S級永久ベルト 純正ナイロン100% 正規YKKバックル

腰回りも重要。軽くて丈夫で長持ちで、好きな長さに調整できる優れもの。現場作業員の人達も高確率で使用しているタイプのベルトだ。革のベルトは締め付けが強く、硬いので腰に負担がかかりやすい。特に警備員は腰回りをガッチリしすぎると姿勢がおかしくなったりする。このベルトはバックルを少し浮かせれば自由な長さに調整できるのでとても便利だ。値段も手ごろなので買っておいた方がいい。壊れにくいし、型崩れも全くしない。もちろん日常生活でも便利に使える。

★HandLinker Putto ハンドリンカー プット ネックストラップ

ずっと立っていると言っても道路へ出たり、急いで違う場所へ行かなきゃならなら場合もたまにある。電気工事についていく時は、1ヶ所に2、3分しかいない場合もあるので慌ただしく動くこともある。そんな時にポロリとスマホを墜落させたり、ちょっと着替えや何かを拾おうとしてスマホを置いて、紛失・破損。なんてことも考えられる。そうなると面倒なので、俺はこれにスマホを装着させて、胸ポケットにスマホを閉まっている。首からぶら下げておけば墜落しないし、絶対に無くさない。不安げなヒモだが、切れなので安心して欲しい。ただスマホばっかり見ていると怒られる。俺はそんな馬鹿なミスはしないが…。

コメント