CUNEのTシャツを購入し、悪の心の赴くままに誤魔化そうとしたが、心に宿る聖人セーラに揺さぶられ正直者のめだまさん

日記

俺が着ていたのを見て、母親がCUNEにハマった。着ているかどうか分からないが、パーカーを購入した。そんな母親から「CUNEを売っている」という情報を耳にした。CUNEグッズを収集している俺は、嫁と某ショッピングセンターへ向かった。

ところが見つからない。どこにもねーじゃんか、俺の母親も年を取ったなぁと思いながら、指定された場所をウロウロしていた。チャムスの商品が置いてあったので、なんだチャムスの鳥のロゴとCUNEを勘違いしたのか!そう思っていると店内にCUNEを発見した。なんだ、いろんなブランドが1店舗に入ってるってことか。それにしても、ネットや古着屋では、見かけるCUNEだが新品で並んでいるのは初めて見る。高級ブランドだけあり、それなりの値段がする上に値引きコーナーには1着も置いていない。しかし、せっかく来たので1着は買っておきたい…ってことでTシャツを1枚、チャムスのアウトドア風のカップを2個購入することにした。会計を済まし、店を出るが俺は会計に違和感を感じながらエスカレーターに乗っていた。

なんか…少し安かった気がする……

レシートを確認すると、チャムスのカップの会計が1円になっていた。これは安いに決まっている。店舗を歩きながら、俺と嫁は正直悩んだ。これ、バレないんじゃないか…と。実際、店側は勿論気が付いていなかったし、俺も今ここでレシートを知らんふりしてしまえば…店舗から俺の家までは100キロ以上あるし…しかし、そこで嫁はセーラなら直ぐに正直に返すはずだと言い出した。

セーラはしない…。俺の心の中のセーラ(良心)が、「返さないと店員さんが困ってしまうわ。さぁ、早く返しに行きましょう」と言っている。俺と嫁は、店舗に戻り、正しい金額を支払った。うん、正しい行いをした。やはり何事も心に宿ったセーラに今一度問いかける必要があるのかもしれない。これからも正直に生きていきます…。セーラが何者かを知りたい愚鈍な貴方はこちらへどうぞ→地獄の日々を送る聖女『小公女セーラ』を鑑賞し、精神を病みながらも見終えた全46話の感想

コメント