実家にある私物を片付ける④

とにかく水銀燈が可愛い時代があった。ローゼンメイデンは軽く(1巻の数ページ)しか読んでいないので全く内容は分かっていない。麻生元総理が読んでいたり、ドリヤス工場が水木しげるタッチで描いたりしており、世間的な人気が物凄いことは知っている。水銀燈が果たしてどんなキャラクターなのかは全然知らないが、全てが抜群に自分の好みだった。白髪に赤い目、ゴスロリ風ドレスに羽を生やした姿は天使に他ならない。右下の水銀燈は嫁に書いてもらった。一人暮らしの時はこれを壁に貼り付けていた。当時、ポスターとかは高いから可愛い画像をネットで検索してプリントアウトしたものを貼り付けまくっていた。

古本屋で働いていた時期、買取後に商品化する際に漫画の中から「ご購入ありがとうございました」という絵葉書のようなものが出てきた。商品化する場合、そういうものは取り除いて処分するが、可愛いヤツや自分好みのヤツは引き抜いて家で飾っていた。犬夜叉は友人二人と出かけて見てきた。犬夜叉というより珊瑚ちゃん目当てで見に行ったのを覚えている。ちなみに俺は過去に見たアニメで最も評価が高いのは「ひぐらしのなく頃に」だと思っている。ストーリー性が圧倒的で、今後もストーリーでこれを超えるものは生まれないと言える。一番好きなキャラは鷹野さん。羽入が大嫌いだったが、声優が堀江由衣さんで、後のゴールデンタイムの加賀香子役で一気に好感度が爆上がりする。加賀香子が好きすぎて加賀香子のタオルまで買ってしまった。サイズは小さいが、今でも普通に風呂上がりのタオルとして使っている。

目元の黒いゴス系の化粧が大好きで、V系も好き。とくにアナスイのチラシ(右上)は、かなりのお気に入りで大切に保管されていた。汚いセロテープ付いてるけど…。左上はAVのパッケージ。なんとなく色合いとかがカッコよかったから保管していた。右下のがパルコのポストカードだかで、真ん中がアヤビエの涼平、左下が妃阿甦(ピアス)。

ヴィジュアル系は数あれど俺が好きなのはパンクとかロック寄りのアナーキー系のV系が好き。カリガリ、ムック、蜉蝣のようなダーク系こそがヴィジュアル系の神髄だと勝手に思っている。入れ替わりの激しい世界なので最近のV系はよくわからないが、ぶっちぎりで妃阿甦が最強だと今でも思っている。圧倒的なパフォーマンスと演奏技術、叫び声に激しい恰好は惚れる‼あまりにも憧れすぎて髪を真っ赤に染めたが、維持するのが大変で挫折した。初期メンバーが三人死亡(二人事故死、一人自殺)している訳ありバンドでもある。あとは物凄い回数のメンバーチェンジ。アルバムも素晴らしいが、廃盤が多くて入手困難。一番おすすめの曲貼っておきます。これは神曲‼