俺とアイドル【AKB48編】前田亜美×吉岡ゆき×両津勘吉

俺とアイドル【ハロプロ編】小学校中学校で調子に乗っていた奴ほどアイドルにはまって抜け出せなくなっているの続編

しばらくアイドルから遠い暮らしをしていたが、異常なまでにAKBが進化し始めていた。ただのしょぼいアイドルグループだと思っていたが、テレビを付けても雑誌を開いてもネットを見ても「AKBの○○」と出てくる。このスピードは何なんだ!?その頃の俺は大学を卒業して某リサイクルショップで正社員としてダラダラと働いていた。※後にクビになるw俺は主にアダルトコーナー担当だったが、書籍やゲーム、CD、DVDも扱っていた。なのでAKBのパワーは店員視点で見ていた。AKBのメンバーと付き合えるPSPのゲームも販売しており、メディアやマスコミに踊らされていた俺は、早速推しメンを探し始めた。アイドルは応援したい子がいなければ曲を聞く気にすらならない。人気のあるメンバーから順にみていくが、んー…可愛い子が全くいない。だからと言ってブスな子もいない。これが戦略何だろうか、クラスで3、4番目位に可愛いような女の子が沢山並んでいる。しかし、同じような髪形をして、同じようなメイクをして、同じような格好をしているので全然違いが分からない。結局、曲から聞いてみるかってことで初心者でも聞いとけばOKな「神曲たち」ってアルバムを買ってみたら本当に神曲ばかりだった。コナミの天才あさきの「神曲」に負けず劣らずの神曲ばかりだった。ダンスのDVD付きだったので、再生してみると…推しメン発見。前田亜美!!

何と言っても気に入ったのは他の子にはない特徴的な眉毛ボーン、そして165cmという高身長。この非常に特徴的な前田亜美を推しメンにしようと思った。ちなみにアニメ「みつどもえ」では眉毛ボーンの吉岡ゆきが好きだ。こち亀の両津勘吉も好きだが、それはまた違うか。しかし、今ほどではないが俺がAKBを知った頃から研究生とかいう子達も存在し、日本人の一部はAKBなんじゃないかと思うほどの人数がいた。なので様々な場面でAKBは出てくるが、前田亜美はどこにもいない。探しようがない。そこまで熱狂的な信者でもないので、映ったらラッキー程度でテレビを付けてみるが出てこない。すぐ会えないじゃねーか。結局テレビで見れるのは総選挙だけで、最初は徐々に順位を上げていたが、ある時ぱったりと出なくなり、AKBを見なくなった頃に卒業していた。その後、AKBはよくわからないメンバーが大量に流れ込み、大量に卒業し、テレビやCM、雑誌などに何でも良いから首を突っ込み、芸能界を支配している。もちろん、今は全く興味はなく。むしろ大嫌いですらある。