梅が咲き、靴を買い、速攻ブルーベリー(´・ω・`)

外に出る回数が減った。出来るならずっと家に籠っていたい。これが自由の恐ろしさか。ここへ引っ越してきて1年が経過した。引っ越す前と比べるとストレスもなく、自由気ままに暮らせているので英語で言えばHAPPYだ。むしろBerryHAPPYと言っても良いだろう。自営業の方もまずまず売り上げは良い。好きな時間に寝て起きて、好きなものを食べている。しかし、なぜかパッとしない。満足できていない。

恐らく、まだ自由になれていないのかもしれない。何でもできるという事は逆に「いつでもやれる」という事で、今日やらなくても明日、来週、来月、来年といくらでも先延ばしすることができる。嫁はすっかり自由を手に入れたようだが、俺はまだイマイチ自由な感じがしない。以前も語った「常識という洗脳」がまだ溶けていないようだ。一日中眠ったり、一日中パソコンや携帯を使わない。という事がなかなか出来ないでいる。

既に習慣化されてしまっている行動を急に変えると、脳や身体が警戒して「これはリスキーな行動では?」とブレーキがかかっているように感じる。なので嫁が「外で花の写真を撮る」「部屋の内装を変える」と行動を決めるまで、俺は習慣化された行動しかとれないでいる。新しい事を直ぐに始めることが出来ないのも洗脳されているに他ならない。過去の「勢いで行動して失敗した」という経験が俺の自由を奪っているのだ。

ってわけで靴を購入したw関係ないだろうと思われるかもしれない。一応、自分なりに理由がある。最近の俺は、服も靴も同じものしか着ていないという事に気が付いた。つまり出来上がったコーディネートしかしていない。これは脳を腐らせているんじゃないか?そう考えた。そんなこと考えてる時点で自由なんか一生手に入りそうにもないが…。オシャレは足元からっ‼そんな言葉もあるし、靴もちゃんとした物を一足購入していた方が良い。というわけでEDWINの靴を購入した。実家に行った時に親に靴下を購入してもらい、その内のEDWINの靴下二足の履き心地が驚くほど良いので、靴もEDWINにした。ごくごく普通の靴屋で5,000円くらいで買った。

目の疲れが極限に達しているので嫁がソフトサンティアと速攻ブルーベリーを買ってくれた。ソフトサンティアは、ただの水なんじゃねぇの?と思ってしまうような目薬。一応医薬品です。あとはお馴染みのDHC「速攻ブルーベリー」。今日で飲み始めて三日目だけど効果は不明。昨日、一時的に目の疲れが取れた気がしたから多少の効果はあったのかもしれない。週三回は携帯もパソコンを見ない日を入れようと思ったが、そんな日に限って実家から連絡が来たり、お客さんから電話やLINEが来たりする。本当の自由を手に入れるにはまだ時間がかかりそうだ。7日に眼科で精密検査がある。行きたくないが行くしかない(-_-;)

パソコンや携帯が見れない時に出来る事を考える。読書、ジョギング、草むしり、リフォーム、畑いじり、竹伐採、本格的な家の掃除、散歩、旅行、筋トレ、睡眠…って意外と色々あるな。読書用の本を買い溜めしたので、しばらくは乱読して過ごそう。家にいるのがイライラして来たら散歩か、余裕があればジョギングもしたいけど、前に貧血みたいになって救急車で搬送されたから気を付けないと…。んーなんだか体調がすぐれないので日記はここまでにしよう(´・ω・`)