映画鑑賞55 ジュラシックワールド

「ドラえもん のび太の恐竜」を見た日にテレビで放送していた。「ジュラシックパーク」は、何回も見ていたが「ジュラシックワールド」は初めて見た。

※ジュラシックパークの感想はこちら
⇒「映画鑑賞52 ジュラシックパーク

ジュラシックパークの2作目がジュラシックワールドかと思っていたら「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」「ジュラシック・パークIII」が間にあり、ジュラシックワールドは第4作だった。金曜ロードショーで全部やってくれればいいのに。

さすがに2015年アメリカSF映画だけあり、物凄い出来。メチャクチャ面白かった。恐竜のリアル度が桁外れだ。間の2作を見ていないだけに余計凄く感じる。しかも、設定もリアルなので本当にアメリカに行けば動物園的な感じでジュラシックワールドがあるような気がしてくる。もしあったら行って見たいけど、映画みたいな状態になったら怖い。ジュラシックパークのシリーズは毎回責任者やパークの奴等がポンコツばっかりでメチャクチャなるな。吉本新喜劇みたいだ。

全然笑うところじゃないんだけど人間が恐竜に食べられたりするシーンを見るとついつい笑ってしまう。俺頭おかしいのかなー。警備員とか女秘書とかが恐竜の餌食になっちゃうんだけど、見てると「うわー、食べられちゃった。あはは」みたいな。こういう感覚の奴は、映画だとまず最後まで生き残れないんだよね。女秘書に至っては、プテラノドンに捕らえられて、湖に落ちて、プテラノドンと一緒にモササウルスに丸飲みにされてた。グロすぎだろ。モササウルスとティラノサウルスがすげー怖い。

主人公が調教していたヴェロキラプトルの4姉妹がなんか可愛かった。一応主人公の言う事はそれなりに聞くんだけど、それ以外は襲うwこれがもっと懐いて甘えっ子になったら超可愛いと思う。爬虫類好きは歓喜するんじゃないだろうか。しかし、残念ながらほとんど後半に死んでしまう。人間が死ぬのは笑えるけど、恐竜はなんか可哀想な感じがした。人間のエゴで作られて見世物になってるって設定が根底にあるからかな。

あと本編は関係ないんだけど仲間由紀恵が巨乳のヒロイン役の声をやっててちょっと笑った。でも実際は大きいとかネットで書かれてる。全然ジュラシックワールド関係ないな…。