俺は本気で眠い

人間、特に日本人は眠らなすぎだ。もっと寝た方がいい。俺も社会に出て何度か働いたが、常に抜けきらない疲労感に襲われていた。眠いんだけど眠いと言えない、疲れてるんだけど疲れてると言えない。「眠い」「疲れた」「帰りたい」という発言は駄目人間の言葉のようにとらわれがちだが、せめて口にでも出さないと精神的に参ってしまう。

ここ最近の俺は、一日10時間くらい眠る。社会人の時はクソみたいな会社だったので3~5時間くらいの浅い眠りのなか働いていた。そんな生活を連日続けていたので、最初は10時間くらい寝ようと思っていても全然寝付けない上に、寝ても疲れが全然取れず、結局昼や夕方に眠る最低最悪な生活サイクルになってしまった。最近はようやく朝起きて、日中から夜にかけて働いて、ちゃんと眠くなる生活サイクルが出来上がってきた。

テレビもほとんど見ないので作業効率が上がり、余計なストレスもなく生活を送れている。今日は2時間くらい昼寝をしたので、こんな時間になってしまったが、基本的にはたっぷり睡眠は取れている。仕事や学校で疲れて帰ってきたらバカバカしいテレビは見ずに眠った方がいい。とにかくテレビは駄目だ。眠れなくなるし、見てる間の時間が本当にもったいない。週に見たい番組だけ見て、あとは爆睡してれば体調は良くなる。

ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります。 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする