警備員視点で見るカス業者の態度

やっぱり仕事をしていると必要な物って増えてくるな。最近は作業用のメガネを購入しようか悩んでいる。現場だと砂埃が凄く舞うので、顔面に粒子が飛び込んでくる。俺は片目のコンタクトレンズを失った。ダンプが巻き上げたり、ほうきで掃いたりしたのが飛んできたりと、理由はいろいろだが、ある程度対策が必要になりそうだ。

ラピュタのパズーが付けていたようなガチガチのゴーグルだと流石に怒られると思うので上記のような普通のメガネタイプにしようかと思っている。ミドリ安全で作っているので、作業用としては抜群かもしれないが、2,000円超えは少し高い気もする。

今調べていたらTRUSCO 二眼型安全メガネは、1,000円以下で買える。そこまで高くなくていいから、そこそこ安いのがいいよなぁやっぱり。安いヤツなら多少高くても、そこそこ活躍してから壊れたら買い直せばいいし。アマゾンで色々と必要なものをピックアップしておいて、7月になったらまとめて購入しよう。

俺が作業している現場の人達も全員が良いかどうかは分からないし、警備員の仕事自体がぺーぺーの俺が、偉そうに何かを言える立場でないのはわかっているが、それでもおかしいと思う事はたくさんある。特に現場仕事は、基本的に仕事さえしていればルールがないし、マナーもないし、時間や服装や態度がルーズでも何も問題ない。だからこそ長髪の俺も働けているんだけど。現場の仕事は、色々な業者さんが入り乱れてるんだけど、全然業者さんによってタイプが違う。

青森から来ている業者さんは、口数が少なく黙々と作業をしている。休憩もちゃんととり、休憩やお昼休みの際には俺にも声をかけてくれる。俺に何か作業を注文してくることもない。作業時は、タバコも吸わない。それに対して、他の業者やダンプの運転手は、タバコを吸いながら運転する。あれはどうかと思う。何か見ていて気分が悪いし、ちゃんとしてないんだなぁと情けなく思う。

そういえば前回のダンプの運転手の件を現場担当の人に話をした。例の『ダンプの泥を落とすのは運転手の仕事だろーが』の件だ。芸人のくまだまさしさんだって、自分の小道具を触られたら先輩芸人に対してもキレるらしいからな。普通それくらいのプロ精神と愛着がなきゃダメだわ。「ダンプに近づくな」「ダンプに勝手に触るな」くらいの気持ちでやれよ。電気工事の時も、業者の中では「それ取って」とか言う奴がいる。それくらいなら俺もやるが、正直自分でやれよって思う。お前の仕事じゃないの?お手伝いさん・パシリと勘違いしているバカが結構いるが、あれは何か違う。逆に俺が「ちょっとトイレ行くんで旗振っといて」って言われてアンタやるの?やんないでしょ?

担当の人も「それは警備員の人の仕事ではないですね」と言っていたのでとりあえずは安心。あとは誘導に時々従わない人がいるという説明もしたが、翌日の朝礼で『ガードマンの誘導を確認する』と言われていたので、とりあえずは大丈夫そうだ。しつこくならない程度に何かあれば担当者に話をしよう。「逆に何かあれば言ってください」って俺も調子乗って言っちゃったけど、自分も注意を受けないように色々気を付けて作業をするか。