シンデレラはウンザウンザを踊る/バックドロップシンデレラ

DSCN9974

ご機嫌ハードコアバンドのバックドロップシンデレラ3枚目のアルバム「シンデレラはウンザウンザを踊る」を紹介する。ハードコアとは申し上げましたが、様々なジャンルがごちゃ混ぜになっているので、一番俺的にコレだッと思った「ハードコア」というジャンルで紹介させてもらう。前回は6枚目のアルバム「塩梅はウンザウンザを踊る」を紹介した。あのアルバムも激熱で非常に内容も濃い。しかし、この3枚目こそがバックドロップシンデレラを語る上で非常に重要で、且つ申し分ない傑作であることをここに宣言する。
本作は、完全なバックドロップシンデレラ初心者による入門盤と言えるだろう。まず、冒頭「池袋」「少年」のウンザウンザ2曲。この2曲を馬鹿みたいに聞いて脳味噌の奥の奥までウンザウンザの素晴らしさを浸透させて欲しい。極端な事を言ってしまえばこのCDを購入したら最初の1週間くらいはウンザウンザ2曲で良いだろう。そう言いたくなってしまうほどこの2曲はバックドロップシンデレラとはなんぞや?という基本的な部分を学ぶ上で重要な2曲なのだ。この2曲に関しては、自分でハードコアとか抜かしておいてアレだけどダンスミュージックって言った方が良いかもしれない。ヘドバンしながら朝まで踊れちゃうようなノリノリな曲だ。
「ツェッペリンを聴きながら」は説明するまでもないイギリスの最強ロックバンド「Led Zeppelin」のことだろうが、歌詞にあるブルースリーと目が合って…というのはどんな関連があるのかよく分からない。ハードコア・パンクと堂々公言できるのが、アドレナリン全開の「ダメ男とジュリエット」だ。ハイテンション&ロックンロール!!!「穴穴穴穴穴穴穴穴穴穴穴穴穴」は、下ネタ歌詞が最高にCOOL♪このタイトルを見るとマキシマムザホルモンの「霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔」を思い出すのは俺だけじゃないはず。バックドロップシンデレラのアルバムで、入手可能なもので一番古いアルバムはこのアルバムになる。本作より前に発売された「ピッチョンインポッシブル」「ニッポンインポッシブル」「脳から花」は全てが廃盤となっており、5千円から1万円というプレミア価格になっている。ただ、こちらも素晴らしいアルバムなのでお金に余裕のある方には是非購入して頂きたい。

シンデレラはウンザウンザを踊る/バックドロップシンデレラ
★収録曲
1.池袋でウンザウンザを踊る
2.少年はウンザウンザを踊る
3.ツェッペリンを聴きながら
4.ペットショップボーイ
5.脳みそクルクルナイト
6.ダメ男とジュリエット
7.穴穴穴穴穴穴穴穴穴穴穴穴穴
8.不思議な気持ち
9.サンデーモーニン
10.うるわしのお嬢さん

ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります。 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする