天より下にありし者 交通誘導員 42日目 沢山のモヤモヤがモヤモヤを連れてきてくれてもっと大きなモヤモヤになると

昨日のモヤモヤをやや引きずっていたが、現場は変わらなかった。現場の担当者の人も普段と変わらず、俺も普段と変わらない。完全にモヤモヤは晴れなかったが、とりあえずは良しとする。朝礼の際に「2時頃に2人で集まってください」と言われる。場所は俺が最初の1ヶ月を過ごした難易度高めなあの場所。今は全然どうってことないが、ジジイと2人で大丈夫だろうか…あぁモヤモヤする。

今日は先日の後半同様に詰所でのダンプ誘導だった。詰所の出入り口周辺にダンプが3台停まっている。俺の立ち位置から少し離れた場所。交通量は少なく、道路の幅も広い。俺が一人片側交互通行をやらなくても多分大丈夫なはず。んー気になる。あの場所で立つべきか、それとも今の場所にいるべきか。ダンプは直ぐどくかもしれないし、事故になったら面倒だし…。モヤモヤしながら結局今の場所で立っていた。しばらくしたらダンプはどこかに行ってしまった。

あー良かったと安心していると、大型のトラックが同じ場所に停車。マジかよ…。運転手はトラックから降り、俺の方に紙を持って歩いて来る。あー道聞かれるのか。案の定、道を聞かれた。俺の本日最大のモヤモヤがこれだ。今考えてもモヤモヤする。俺は、運転手の地図を見て、場所を説明した。彼もなんとなく納得して去って行った。

本当に今の説明でいいのか?

凄く嫌な感じがした。色々と知ってる風に喋っていた。自信満々で説明していたが、本当に正しいのか?運転手の行こうとしていた場所を俺は知らない。その周辺の話はしたが…。気になる。どうして聞かれた時にスマホで調べてあげなかったんだ。ちょっとスマホで調べればいいだけだろう。きっとボーっとしてたに違いない。感謝していた運転手に罪悪感を覚える。警備員は無駄に考える時間がある。忘れよう、気にしないように、そう考えれば考えるほど思い出される。このループはマズいなぁ…。

様々なモヤモヤが錯綜しつつ昼の大掛かりな誘導も終えて、一日が終わる。少し早かったが、他の作業員もみんな帰っていたので、警備員も終了。約束通りに事務所へ行ってサインをもらう。緩い現場だが、気を引き締めて作業せねば。とりあえず道を聞かれたらナビやマップで検索だ。

ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります。 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする