屈辱ポンチ/町田康

「けものがれ、俺らの猿と」「屈辱ポンチ」の2編収録。「けものがれ、俺らの猿と」は最早語るまでもない傑作。映画は、何度も見ていたが小説はそういえば読んでいなかった。映画→小説の流れで見てみると、非常に面白い!!映画で無かった内容が小説にあったり、小説にあった内容が映画でなかったり。とくに素麺を口から出して町を歩くシーンが小説では、佐志(主人公)も素麺をもらって真似をしようと思うが上手くいかず、「何も面白くない」と表現する場面が爆笑だった。あまりに面白くて、その部分だけ何度も読み返した。映画については機会がある時により詳しく案内する。

ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります。 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする