天より下にありし者 交通誘導員 59日目 60日目 昼寝で出遅れ

★58日目

Fさんと2人だった。イケメンおじさんの話をするとFさんも問題行動を目撃したと言う。カッパを着て、リュックサックを背負い、傘がリュックから飛び出した状態で誘導をしていたらしい。そんな話を聞くと段々と可哀想になってきた。恐らくイケメンおじさんは、アル中だと思う。噂だと尋常じゃない酒を毎回買って飲みまくっているらしい。俺にも過去にアル中の知り合い(生活保護受給者)が何人かいたが、確かに通じるものはあった。

Fさんは会社の情報を色々知っているので、俺はここぞとばかりに聞きまくった。最近見かけなくなったKさんが警備員を辞めてキャバ嬢だか風俗の送迎をしているとか。会社の担当者の彼女が性格悪いとか。なるほどなるほどと聞いていた。

★60日目

台風の影響で異常気象。本日は過去最高のゴールデンメンバー3名での警備となった。Yさんが来ると豪雨確実だな。ラジオ体操が終わると同時に雨がパラつきだす。このクレイジーな暗雲はまさしく台風だ。先日に引き続き難易度の高い現場となっている。絶対安心のYさんがいるので安心して警備出来た。水道工事で道路に巨大な穴が開いている。三角コーンを配置しているが、目を離せないのでYさんと交互に休憩をとる。

俺の休憩は13時から。昼飯を食べ、ウトウトしてきたので横になる…。

寝過ごした‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼

かと思ったら14時ジャスト。慌てて飛び出していく。トイレに行って向かおうとすると無線がない事に気が付き車に戻る。頭は完全に眠っている。意識がハッキリしないまま現場に戻る。見慣れない作業者や車が停まっている。何気ない素振りで戻る。Yさんが何やら俺に話しかけているが頭がボーっとしていて分からない。とりあえず愛想笑いと適当な返事と相槌で誤魔化す。まだ意識が朦朧としている中、作業者がどんどん出ていく。俺はどんどん誘導していく。結局20分意識がボンヤリ。危なかったぜ。