オレの日記Ⅱ⑨ ひざはくろい血の中に白いものが見えた

オレの日記Ⅱ 2001.9.29~2002.3.26

2001年10月16日(火)2001年10月19日(金)

【18年後の俺の説明】

純太郎の頭にハンガーをはめた。超苦しんでいた。って何やってんだよ。日常が素晴らしく終わってる。こんなんだからダメな高校に行く羽目になるんだよ。俺の日記には登場しないが、賢くて頭のいい奴らは黙々と勉強をして、いい高校に入っている。しかし、俺の周囲にそんな賢い奴はいない。よって、俺の日記に登場する人間の大半がバカで段取りが悪くて、ろくでもない学校に入って、ろくでもない会社で働くことになる。だが、それがいい。つーかデスタムーアはラスボスじゃないだろ(笑)

部室を取り合ってるなぁ。別に部室使ってるわけじゃないんだけど、どっちの部室でもあるってなると、やっぱり半分は欲しいと主張したくなる気持ちはわかる。飾りを捨てたという過激な行動は今後も継続的に行われる。

ちむりん(結成解散)は女芸人のコンビで過激な下ネタが売りだった。当時の俺は芸人にファンレターを書くのが趣味で、ちむりんと鉄拳からはちゃんと返事が返ってきた。ちむりんは過激なネタとは裏腹に丁寧で優しいハガキを書いてくれて、とても好印象だった。解散は残念。

器械体操のマットなんかで女子と争ってるのか……。部活のいざこざを根に持ってるとしか思えないな。タイムカプセルってどうなったんだ?誰がいつ掘り起こすの?

エロ本は宝だったなぁ。つーかこの年齢ですでに『お天気お姉さん』を読んでいるのは、かなり問題あるよな?知ってる人はわかると思うけど、あれも相当に闇が深いトラウマ系の漫画。安達哲先生は俺が狂った漫画家だと思っている中の一人。1巻の表紙がパンクな感じですごい好き!!

そんで、この事故は覚えている。文字通り、女子高生を眺めながら自転車で坂道を下っていたら電柱に突っ込んで、転んで横たわる俺を純太郎の自転車に轢かれたんだ。今でも膝に傷が残ってる。ムチャクチャ血が出たし、痛かったけど、引き返さずにゲオに行ったんだよな。ロッテリアの女の店員が全く心配してくれなかったのを覚えている。

コメント