オレの日記① スイマセンじゃねーよ

オレの日記 2001.2.1~2001.9.28

2月1日(木)

 今日から日記を書くことにした。今日は、4時間なので、すぐ帰れると思ったが、部活が3時間もあった、めちゃくちゃつかれた。「せがれいじり」はけっこうおもしろい。それにしても、つかれた…。もうそろそろ髪がのびてきた…。

2月2日(金)

 バドミントンをじゅぎょうでやった。夜はクラブでクタクタになった。

2月3日(土)

 バドで3勝1敗、ハンデなんてつけなきゃよかった。1:00から2:30までれんしゅうでつかれた、帰りに純太郎と雪なげしてヤバイことになった。家ににげこんだので、たすかった、その後「ファンタジア2000」と「さくや妖怪伝」を見た。

2月4日(日)

今日は、部活へいかず、マラソン大会へ出た、朝7時に出発した。雪道を進み、コンビニへよった。ずいぶんいろいろくったが、はらはいたくなかった。やがて古川あたりにきて、せまい雪道をとおろうとした次のしゅんかん、スリップですべったバイクが、オルティアにげきとつした。家族はビビった。バイクにのっていたのは高校生らしく「スイマセン」といった。父は「スイマセンじゃねーよ」と、車から出た。高校生をなぐるのか~とふあんになった。やがて、ぶつけた本人と父が車の中で話をすることになった。そして、とりあえずきめたのは近くのコンビニで電話を使い、親を呼んだ。やがて親がきた。キャンピングカーのような車だ。とりあえず、こわした物はバックミラーだけだった。そうとうヤバイことになった。ガムテープをはって車にのった。そして、ぶつけた本人の親はカメラでバックミラーの写真を2枚ほどとった。殺人現場をとっているようだった。そんなこんなあってマラソン大会に出たが4人とも魂がぬけたようにボ~っとしていた。マラソンけっかは父が29位、オレが179位、おそいようだが200人以上の中学生軍団にはさすがにかてなかった。妹・母はファミリーででて8位、8位といっても7才、8才の子にまけてるのだからすごくない。しかし、1位のファミリーの子はデカく、どっちが、父だかわからなくなってしまった。帰りは、お笑い芸人何人いえるかしりとりにらめっこいろいろした。そして、オレはねてしまた。おきると車屋についていた。そこで3時間くらいまち、ちがう車にのりかえた。その後、スーパーによって家に帰った

【19年後の俺の説明】

この頃は13歳だと思うので、中2~中3くらいだと思う。漢字や句読点がメチャクチャだが、文章力はある。部活はバドミントン部に所属していたが、かなり不真面目で全然やっていなかった。クラブは、部活動とは別に決まった曜日の夜に希望者がするバドミントンのクラブ。OBやバドミントン好きの奴等が先生やコーチになって教えてくれる。当時はPSのせがれいじりにハマっていた頃で、部活よりも友達とゲームをしている方が好きだった。純太郎は、友人で同じバドミントン部で彼は部長だった。猿みたいな顔をしていて、性格は明るく、頭はあんまりよくないが、部活では真面目で、就職後も趣味でバドミントンをやっていると話していた。今後も名前は結構出てくる。当時の俺の趣味は、漫画、映画、ゲーム、マラソン。走るのは得意で、よくアンカーになってた。

コメント