映画鑑賞82 ペンギン・ハイウェイ ※酷評注意

映画

最近見た映画の中では最悪。ここ最近見た映画は割と良作ばっかりだったということもあるが、それにしても酷い。あまりにも酷くて2回に分けて見ていたが、それでもつまらなすぎて完走できない。それくらい酷かった。今回は何がどう酷いと思ったのかを説明していく。好きな人は読まないで帰ってOK。

1、主人公(アオヤマ君)の設定に無理がある

主人公が小学4年生という設定に無理がある。というより、ペンギン・ハイウェイ以上に意味不明で理解できないのがアオヤマ君の存在だ。まず賢いにもほどがある。アニメや映画の主人公で「頭のいい子供」はよく出てくるが、彼の場合は学者レベル。しかも、考え方、喋り方、動き方、字がうまい、絵がうまいなど、あまりにも能力が高く、大人すぎる。名探偵コナンの新一が入っているかの如く大人びていて、とにかく可愛げがなく気持ちが悪い。そして、いちいち行動や発言がイラつく。映画の面白くなさの80%を彼が占めている。こんな奴いない。ここまで賢いなら小学生じゃなくていいんじゃないかと思う。大人びてるのに「おっぱい」に異常な執念を燃やすのも気味が悪い。急にロボットや外国人みたいにカタコトになるのも意味わかんない。演技が下手なのか?

2、ほとんどのキャラに感情移入できない

アオヤマ君に限らず、ほとんどのキャラの設定にも無理がある。まず、ヒロイン的ポジションのお姉さん。何も考えているのか意味不明で、大人の話し相手がおらず、小学生としか喋らない。しかも、男子小学生を誘惑して誘拐して、勝手に家に連れ込み、ストーカー行為を続ける。言語能力が乏しく、大人の会話ができず、常に小学生しか相手がいない。

他のクラスメイトも異常な子供が多く、とにかくリアリティがない。メガネをかけた少年(ウチダ君)は、とりあえずボケ要員で何となくわかるが、あまりにもあざとい行動や奇声が嘘くさい。ハマモトという女子もアオヤマ君同様にヤバい。アオヤマ君が新一なら、ハマモトは灰原といった感じ。ありえないくらい大人びていて、頭がいい。こんな奴いるわけがない。一番小学4年生と言って納得できるのが、いじめっ子の3人組。この3人が唯一小学4年生と言える行動や言動をしている。そもそも小学4年生のクラスでチェスが流行るか??このいじめっ子が主人公の方がいい気がした。

何でもない普通の街に住んでいる普通の小学生たちが、異常な現象(ペンギンが街角に突如現れる)を追い求める……という物語なら面白い!!気になる!!という感想が沸くが、そもそもの子供たちが非現実的なので、物語に入り込めない。理由は簡単で、この世界自体が最初から狂ってるからだ。

3、誰に対してのどんな映画にしたいのかが明確じゃない

一見して可愛いペンギン(ペンギンの可愛さに関しては100点の出来)が出てくるファンタジーなアニメーション映画なのかと思いきや、アオヤマ君がおっぱいをガン見して「おっぱい、おっぱい」言い出す。なぜ家族連れで来る親をビビらす必要があったのか謎だ。全体的に盛り上がりにも欠けているし、子供らしい子供が出てこないので、見ている子供はドキドキもワクワクもしないだろうから、さぞ退屈したと思う。全然子供向けじゃない上に「おっぱい」ばっかり言ってて気持ち悪い。

じゃあわかりました。きっと「お姉ショタ」なんですね。そういうのが好きな大人向きなんですね。と思いきやお姉さんはお姉さんらしくないし、アオヤマ君は見た目がショタなだけで中身は可愛げのないオッサンが入っているので全然「お姉ショタ」の要素を満たしていない。

結局のところ、誰に向けて発信しているのかが明確でない。何系のジャンルかも意味不明。急に不可解な現象が起きても特に大騒ぎもせず驚きもせず感動もせず。アオヤマ君と灰原…じゃなくてハマモトさんが学者みたいに分析して終わり。はあ?小学4年生の反応を勉強しましたか?透明なデッカイふわふわした見たこともない異常な球体を目の前にして失禁して泣き叫ぶくらいしても良くないか?さも当然と言わんばかりの反応はリアリティがなさすぎる。クソつまらない。

4、展開が単調で全体的にダラダラしていて見ていて飽きる

とにかく面白いことが何も起きない。なので、無理矢理思い出したようにいじめっ子を動かしたり、アオヤマ君とハマモトさんに盆踊りを躍らせて思い出したように子供らしさをアピールしたりする。明らかに無理やりなドタバタをぶち込む当たりも急すぎて何か寒い。笑い、涙、感動を無理矢理ねじ込んでる感じも好かない。風立ちぬ→お姉さんの口癖「少年」、君の名は。→後半の災害ネタ の影響を受けてるんだろうけど、前半の音楽が完全に「魔女の宅急便」なのは大丈夫なんだろうか?別にいいか。

あとはセリフ回しがおかしい。アニメの自然なセリフじゃなく、恐らく原作の小説のセリフをそのまま台本に載せたんじゃないだろうか。原作を読んでいないので何とも言えないが、違和感を感じる。アニメにするならアニメ用のセリフに変えた方がいい。なんか変だ。ハマモト「わからないわ」→「わからない」とかね。小説だと通用するかもしれないが、小学生の女の子が「わからないわ」は言わない。

そして長い。つまらないのに長いのは地獄。時計をチラ見する映画は途中で切ってOKだと思う。これが面白いというのが理解不能。背景や演出は金がかかってるが、ここまでやるなら違う作品で使ってほしいと思う。一通りアニメ映画の鉄板的な展開は全部ぶっこんでいたけど、下手くそすぎて超退屈。時間が無駄だ。ただペンギンは可愛い。それだけの映画。

コメント