2019-06

日記

天より下にありし者 交通誘導員 241日目 警備員と豪雨

雨が降ると大体の現場が休みになる。なので梅雨の時期は、日雇いの仕事は辛い時期となる。雨が降る度に中止になるので、なかなか出番が来ない。しかも、現場の中止は朝に決まるので現場に向かってる最中に中止が決定し、電話を貰ってとんぼ返りとい...
日記

天より下にありし者 交通誘導員 240日目 チャムスのボストンバッグを購入する

まず、240日目まで警備員日誌がぶっ飛んだことを謝る。単にサボっていただけだ。そして、今回はチャムスのボストンバッグを購入した話をする。警備員になって1年が経過し、何の成長も仕事の腕が上がったわけでもなく、月日だけが過ぎ去っていった。棒や...
日記

天より下にありし者 交通誘導員 189日目 保安用資機材が欲しい②

前回に引き続き、今回も保安用資機材の値段を調べてみる事にした。 ★ 歩行者案内板 工事用 スリム HC 看板 蛍光イエローグリーンプリズム 高輝度反射 この先 工事車両出入口(収納枠)価格:4,280円(2019/6/30 1...
日記

天より下にありし者 交通誘導員 188日目 保安用資機材が欲しい①

交通誘導員をやってる時、色んな機械やらピカピカ光る奴やらが周囲を囲む。これは保安用資機材と言い、メッチャ簡単に言えば事故が起きないため、警備員や作業員の命を守るために配置しなければいけないものだ。そんな保安用資機材を眺めていて… こ...
日記

天より下にありし者 交通誘導員 187日目 散水車

暑い現場に呆然と立っていると頭がおかしくなりそうだ。特に大きな誘導がない時は、時間が永遠に感じられ、チラリと時計を見て10分しか経っていないと気が狂いそうになる。 気温がバカに見たいに上昇し、ムシムシしてくると喉が渇く。熱中...
映画

映画鑑賞73 ドナルドのさんすうマジック

子供の頃、ビデオが擦り切れるくらい見ていた。擦り切れるくらい見ていたはずなのに算数も数学も好きになれず、未だに小数点や分数が完全にわからない。しかし、面白おかしく暮らしているし、この先も一生知らずに生きていくつもりだ。 ディ...
映画

映画鑑賞72 スチュアートリトル2

ゲオでDVDをレンタルする場合、10枚借りないと1枚100円にならない。妄想代理人が見たかった俺は、全6巻の妄想代理人で困り、嫁と店内を随分ウロウロした。パプリカはないし、TSUTAYAに比べると品ぞろえの悪さはピカイチ。俺の住む...
映画

映画鑑賞71 26世紀青年

日本では劇場公開されなかった…と言うかされるわけもないブラックコメディ超バカ映画『26世紀青年』である。尋常ではないバカバカしさが約1時間半も続く。最初から最後までとことん徹底的にくだらないが、なぜか何度も見たくなってしまう意味不...
警備員の必須アイテム 初心者 2019/6/16更新

警備員の必須アイテム紹介 初期装備編

★ 安全靴 作業靴 ウィンジョブ 樹脂製先芯 一番重要なのが靴。とにかく靴だけは絶対にケチってはいけない。最初DMCホーマックで買ったが、小さすぎたのでamazonでアシックスワーキングを購入する。アマゾンの評価が半端なく...
警備員の必須アイテム 夏 2019/6/23更新

警備員の必須アイテム紹介 灼熱の夏対策編

★アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク L SPF50+/PA++++ 90mL警備員の夏はとにかく肌対策が重要だ。俺がオススメするのがアネッサのパーフェクトUVスキンケアミルク。少し高いが、日焼け止めの中では群を抜いて良...
日記

『妄想代理人』を鑑賞した

結構前から見たいとは思っていたが、なかなか見る時間も借りに行く時間もなくて我慢していた。今敏監督の『パプリカ』『パーフェクトブルー』は鑑賞済みで、こんなに凄い作品を作る人が作ったアニメが面白くないわけないと確信していた。しかし、嫁...
日記

地獄の日々を送る聖女『小公女セーラ』を鑑賞し、精神を病みながらも見終えた全46話の感想

俺はこう見えても根っからのハッピーエンド好きで、バッドエンドはかなり苦手だ。特に何も悪い事をしていない美少女が酷い目に遭う姿を見ると精神的苦痛を受ける。なので正義が打ち勝ち、悪が滅びる典型的な定番ストーリーが意外と好きだったりする。もしく...
日記

ひがしやまにガッカリするの巻

母方の祖父と祖母は80も半ばだが、元気に登山をし、焼肉もモリモリ食べる。祖母は、ビール瓶1本を余裕で開けるし、祖父に至っては豚ホルモンを余裕で4人前は平らげる。肉食系の年寄りは強いんだなぁ。様々な焼肉屋へ2人でよく行くらしいが、や...
日記

続々・横浜豚骨醤油RA-MEN BIG ラーメンbig 仙台

久し振りの仙台に降り立った俺は、脇目もふらずラーメンbigへ向かったのだった。相も変わらず周辺のパーキングは満車で、毎度おなじみの建物真横の駐車しずらいパーキングへ車をねじ込み、仙台の地に足を踏み入れる。道路のど真ん中にそびえ立つ見るも無...