『ef – a tale of memories. / melodies.』を鑑賞した

まどマギ伝説の元祖

WHITE ALBUM2をやり終えた俺はスッカラカンになってしまい。まるで魂の抜けた傀儡。忘却のオチンチン。何それ?はあ?別にアニメでも映画でも漫画でも何でもいいんだけどWHITE ALBUM2のモヤモヤを消し飛ばすような過激な何かが欲しいのだ。何でもいいから脳みそにスパイスを‼そんなことを思いながら絵の練習をしていた。漫画書きたいのでね。そしたら何か無性に『ef – a tale of memories. / melodies.』のアニメが見たくなった。そしたらバンダイチャンネルで全話見れるっていうんで早速鑑賞。

前も流し見で見たんだけど全然覚えていない。ほとんど初見の感じで見たんだけど、可愛いねぇ眼帯ちゃん。新藤千尋ちゃん一番好きだ。2期も面白いんだけど、やっぱり一番は1期。それにしてもキャラが可愛いなぁ。この女性キャラの目がバーンってデカイの好きなんだよね。なぜこのアニメが高評価で人気なのかと言うと脚本やキャラの魅力も勿論なんだけど、やっぱり一番はシャフトだから。シャフトなんだから。シャフトの演出がそりゃもうえらいことになっているから。

シャフトってなると夏のあらし!、さよなら絶望先生、荒川アンダー ザ ブリッジのギャグ系もいいんだけど、やっぱり『ef – a tale of memories. / melodies.』『魔法少女まどかマギカ』みたいな鬱系が一番良い。夏のあらし!と言えば面影ラッキーホールだし、絶望先生は大槻ケンヂだし、それはそれで最高なんだし、輝いていたんだけど、『魔法少女まどかマギカ』に至っては、シャフトの凄さを世界中に知らしめたと言ってもいいだろう。

1コマも見逃せないシャフトの暴れっぷり

BGMになるアニメを探してるんだけどなかなか見つからないで困っている。音楽じゃないから、面白くなってくるとガン見しちゃうんだよな。つーかアニメってそもそもがそういう物なんだけど。でも、アニメって見ているうちに段々と展開が読めてきて、BGMみたいに見なくなるんだけど、シャフトはそうはさせてくれない。全コマの演出が見たい。てか見逃せない。スピード感、切り貼り、食み出し、飛び出し、字で埋め尽くし、血が飛び散って、キャラが絶叫する…。どれも素晴らしい。まるで芸術作品。凄まじい。

このバッキバキの演出が、心と視点を逃さない。最高。大変勉強になります。皆様お馴染みのオープニング『euphoric field』は、毎回飛ばさずアホ面で眺めている。だって美しいんだもん。これは技術だけじゃない、圧倒的なセンスが光り輝いているのだ。鬱アニメではあるんだけど、シャフトの鬱は特別くるねぇ。今ちょうど2期の10話ラストなんだけど泣いてるわ俺。ほら見ろ、言わんこっちゃねぇ。後悔するのに何で見るかなー。バカだよねぇ。過激じゃないと満足しないんだから。