与えられた仕事が本当に自分がやるべき仕事なのかを考える/99%人間関係で仕事が続けられるかどうか決まる

世の中は不平等で不条理でエキセントリックなわけで、図々しい誤魔化し上手が世を渡り、それ以外のカスは、タバコを吸って、パチンコをして、酒を飲んで、テレビを見て、うわーSUBARUの車すげー、こんな家族ほしー、今度の映画面白そー、ワールドカップだー、Mステに欅坂が出るぞー、震災で被災してる人かわいそー、すげーおっぱいだぁ、わーい給料日だー、いいことないかなー、いいねがつかない死にたーい、宝くじで一億円当たりますよーに…

そんな感じで堂々巡りをしている。俺は、その仕組みに気が付いてから見方が変わった。いかに世に溢れる全てがくだらないか、洗脳に塗れているか、全部宣伝に過ぎないのか。気が付いてからは楽だった。この世に必要なものは、ほとんどない。芸能人がどうしたとか、どっかで誰かが誰かを殺したとか。自分にかかわりのない事に関心を持つことがいかに無駄なのかをもっと知るべきだ。

サッカーや野球選手を応援するのも楽しいかもしれないが、自分自身をもっと成長させるべきじゃないだろうか?アイドルや芸能人やアーティストは、お前等よりも成功してるんだから応援する必要はない。むしろアイドルや芸能人やアーティストに応援されているお前らが頑張れよ。ほとんどの人は自分の人生を生きないまま死んでいく。それじゃあ意味ない。サッカー選手を応援する為に生まれてきたわけじゃないだろ?自分が何をしたいか分からないと世の中に流される。騙される。洗脳される。

どんな人がこのブログをどんな気持ちで見ているかは知らないが、俺は結構色んな仕事を経験している。いつか漫画にしようと思っているくらいだ。その俺が今伝えたいのは、

1、与えられた仕事が本当に自分がやるべき仕事なのかを考える
2、99%人間関係で仕事が続けられるかどうか決まる

という事だ。1に関してはすげー難しい。俺も、ここ数年くらいに身に付いた。気がつかない限り死ぬまで操られ続ける。気が付いても難しい。仕事は頼まれれば解決しなければならないが、どこからどこまでが自分の仕事なのかをハッキリさせないと誰からも使われるパシリ状態になり、あちこち回される。俺も過去に何度も断り切れなかったり、指示を受ける相手を間違えて酷い目に遭った。いつか機会があれば全て話す。都合のいいイエスマンだと使い捨てられるので、自分の立ち位置と本来の仕事をハッキリ理解してのぞみ、自分がやるべきではないと確信したら絶対断るべきだ。

2はまぁ考えればわかるだろう。ちなみに嫌な会社は直ぐ辞めた方がいい。少しでも嫌な予感がしたら辞める。踏ん切りがつかずにとりあえず入るとやめられなくなって苦労する。これも何度も経験している俺からのアドバイスだ。ヤバい会社ほど簡単には辞めさせてくれない。『簡単には辞めれない』という人もいるだろうが、辞めないと死ぬ。俺も一度本気で精神科へ行ったことがある。気が狂いそうになったからだ。自分を守るためにもヤバい会社は辞めるべきだ。嫌われようが憎まれようが辞めたら無関係だ。一刻も早く逃げろ。ただヤバい会社での経験が多いと逃げ方や戦い方も覚えられる。ネタにもなるし後になれば面白い。当時は全く笑えないけど…。