布団にダニがいるんだもんね

日記

俺の家は奥まった場所にある。家は竹藪や木で囲まれていて、今くらいの時期は蚊が大発生する。他にも蜘蛛やら蟻やら何でも出てくる。最初は大騒ぎしながら皆殺しにしていたが、ゴキブリを食べてくれるという事で蜘蛛を生かしてやったり、子供サイズの虫は逃がしてやったりと若干虫に対して甘くなってきた。それでも、ゴキブリは慣れない。

ある時、右手首に痒さを感じた。見ると斑点のようなボツボツが出来ているではないか。最初は蚊に刺されたのかと思った。蚊取りを焚いていない場所は、どこもかしこも蚊の地獄で5秒もいれば、どこかしら刺される有様だ。しかし、蚊に刺されたと思っていた手首の発疹は、いつまで経っても治らない。というより蚊に刺されたような痒みでも斑点でもない。

不思議に感じていると次は左足首に同様の斑点が出来る。1月になった帯状疱疹が再発したのかと思ったが、原因は別のところにあるようだ。それは布団、そしてダニだ。非常に汚い話で申し訳ないが、布団をここ最近洗った記憶がない。多分1年くらいは…。ネットでググると案の定、同様の斑点画像がズラリと並んでいる。ダニか馬鹿野郎!!つーか俺が悪いですね。

布団はダニにとって天国のような環境らしくい。人間は寝ている際にたくさんの汗(コップ1杯分)をかく。その流れた汗だけでなく皮脂・フケなどといった人の体から出る汚れが布団に付き、それがダニのご馳走になるらしい。高温多湿の布団は、住み心地も良く。俺の布団は、まさしく天国。ダニダニの楽園と化しているわけだ。

ダニが布団に多く繁殖する時期は、梅雨が始まる6月から8月。そして、ぬいぐるみにも付着、暑さで汗もかきやすい…あぁ、何もかもダメだ。俺の寝室そのものが、ダニ様をお迎えしてるんじゃねーか。とにかく洗濯機にぶち込んで洗ってから、そのまま乾燥で皆殺しにしてやるぜ。にしても痒いな、クソが…。

コメント