新型コロナウイルスで解雇、無職になってしまった皆さん、警備員・ガードマンとして働きませんか?

日記 2020年

新型コロナウイルス死ねよ!!!!

新型コロナウイルスには参ったよな。本当にクソだよ。俺たちのスーパー楽しい日々をぶち壊してくれたんだからな!!マジでクソだよ!!でも、まだまだ終わりじゃねえ。人類を舐めんな!人間を舐めんな!日本人を舐めんな!俺たちは生き抜くんだ!!まだまだ楽しい事やりたりねえだろ?美味いもん食ってさ!!セックスしてさ!!音楽ガンガン聴いて、オナニーして、旅行行ってさあ!!人間をまだまだ満喫してえじゃねえか!!なあ皆!!

だけど会社も大変だよ。今は自分や家族のことで頭がいっぱいなんだろうけど、それと同時に仕事も重要な課題だよな。国民に10万配ったって、会社に100万配ったって、それ以上の出費を毎月支払ってるわけじゃん?でも、国だって大変なんだ。みんなキツいんだよ。何もかもコロナが悪いんだ。これは事故だ。乗り切るしかねえ。とりあえず国も会社も当てにするな。みんな厳しい。とりあえず自分のことを最優先だ。

もうすぐガードマン歴2年の32男性の俺

俺のやってる仕事はガードマンだ。来月で2年になる。その前は賃貸の営業、障害者の就労支援員、販売業とか死ぬほど色々やってきて、今は嫁頼みの自営業の代表をしている。そんで、その副業としてガードマンやってるわけ。場所は田舎で何にもない。ちなみにコロナウイルスの感染者がいる地域だ。でも、ガードマンは日雇いの仕事で、今のところ休むようには言われてないから普通に仕事行ってる。そんな俺が今回の記事で話したいのは、勧誘だ。

警備員・ガードマンをやらないか?

今後、新型コロナウイルスが世界にどんな影響を与えていくか計り知れないが、どうなろうが何かしら働いていかなきゃならない。今は在宅ワークなんてものも流行っているようだが、多分家族やカップルだとギクシャクすると思う。仲が悪いとかそういう問題じゃなく、多分ケンカをしまくると思う。鬱になる。だって毎日会うんだぜ?最初は「毎日一緒にいられるね💖」「パパがいる~💖」ってなるかもしれないけど、出かけられないし毎日家の中で長時間過ごすのはイライラする。太陽の光も浴びれず、家でゲームやネット?ちょっとニュースやテレビをつければコロナコロナコロナ……気が病むに決まってる。

新型コロナウイルス VS 警備員 【良い点】

①普通に働きに行ける

自主隔離の中大変申し訳ない。しかし、まず聞いてほしいのは生きていけないじゃん?お偉いさん、学生、ニート、親が働いている人は好き勝手言えるかもしれないけどさぁ。有給だって限界あるし、国や市や県が毎月の給料を保証してくれない限りは俺は働きに行くよ。毎日行くよ?そもそも、俺たち労働者って金を稼ぐために働いてるのよ。遊びに外出てるわけじゃないのよ。そこを分かってほしい。先行きが見えない自主隔離は無理がある。

ちなみに警備員は、コロナに関する注意喚起の紙は送られてきたけど、仕事は何一つ止まらなかった。あ、俺のとこはね。他は知らない。現場もガンガン稼働しているし、作業員も誰も休んでない。だから会社が休み、解雇、仕事がなくなる、転職なんてことはない。なので毎日安心して働くことができる。

②太陽の光の下で働くことができる

太陽の光はビタミンDを生成するらしい。新型コロナウイルスの感染予防によいとして、ビタミンDや乳酸菌、ビフィズス菌などの食品について、国立健康・栄養研究所は、「現時点では効果を示すという報告はない」と言っているらしいが、じゃあ暗くてジメジメした場所でポテチやマックでも食ってりゃいいのか?そんなことはないはずだ!!

日光浴は、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌を高めるからストレス解消や不眠解消に効果がある。俺はこれで鬱が治ったと思っている。自主隔離でメンタルがやられてないか?パソコンやスマホ、暗いニュースで鬱になってるはずだ。日光を浴びろ!!警備員になれば毎日日光を浴びて健康的な精神と肉体を手に入れられる!!

日焼け?紫外線?日焼け止めを塗れば防げる→
警備員の必須アイテム紹介 灼熱の夏対策編

③人と接する場面が少ない

販売業、サービス業、接客業、コールセンター、窓口業務、学校、会社……そもそも少しでも買い物に出かけようものなら誰かには会う。仕事であれば毎日働いている限り唾や咳を味わうに決まっている。

しかし、警備員・ガードマンは、ほとんど会わない喋らない。道を聞かれたり、通行止めで道を説明、元請けや作業員と会話をすることも多少あるが、1分以上会話することはまずない。

迷ったジジイ「ここは?」→俺「そっちです」
作業員「これやるから」→俺「はい」
面白い人「なんちゃって」→俺「あはは」

マジで1日でこれくらい(笑)本当にこれくらいしか喋らない。長時間の立ち話や接客もないので、あとはひたすら口を閉じておけばいい。作業員や元請けもこちらから話しかけたり、用事がない限り会話にはならない。そういう仕事なので、別に嫌われたり、愛想が悪いという印象もさほどない。適当に相槌を打って、たまに会釈したり、笑顔をチラッと見せておけば「ああ機嫌は悪くないのか」と思われる。

④資格も経験も学歴も必要ない

警備員・ガードマンは、五体満足な人間なら例外を除いてほぼ100%なれる。募集している会社は常に人材に困っているので、軽く面接して即日採用となる場合もある。ちなみに俺は即日決定だった。どれくらい出れるかとかそんくらい。質問らしい質問も特にないので、とりあえず履歴書持って行って、変なことさえしなければOK!警備員の資格もあることはあるけど別に取らなくても問題なく働けるので、気が向いたら取れば大丈夫♪

新型コロナウイルス VS 警備員 【悪い点】

①三蜜状態になる

避けなければならない三蜜状態(密閉、密集、密接)になる場合がたまにある。俺がいる現場は、朝礼が毎朝あって、各業者が前に出て発表をするんだけど、俺も毎回喋る。マイク持って今日の予定喋るんだけど、あれってヤバいよなぁ~。しかも雨の日なんかはプレハブの中で朝礼するし、毎月一回は安全なんちゃらみたいな勉強会をやる。その場合は、40分とか密閉された空間で密集して、狭い空間で密接した状態でしゃべる。みんな咳をしたり、くしゃみをしたり、ゲラゲラ笑ったりする。まさに地獄の空間だ。俺は朝礼が終わり次第、除菌スプレーや手洗いで対策している。

②パチンコ屋、飲み屋、風俗に行く奴等がいる

かなり偏見かもしれないが、好きな方があまりにも多いので、どこでもらってくるか分からない。欲望に忠実な方が多いため、自粛を要求されても稼働している店舗を見つけて行っている可能性が高い。特にパチンコ屋は店舗も行く客層も清潔さを欠いており、非常に危険だと言える。こちらがいくら気を付けても、隣りにいる作業員がかかっていたら詰む。

まとめ

なんだか良いだの悪いだの書いてて疲れた。これもコロナ疲れってやつだろうか……。新型コロナウイルスの影響で今後世界がどうなるのか分からないが、少しでも前向きに出来る限りのことをやって困難を乗り越えていきたい。もし不安でどうしようもなくなった時、安心してくれ、警備員・ガードマンという道がある!!俺のブログには警備員には欠かせない情報がたんまりだ。少しでも興味がわいたら見てくれ!

警備員の必須アイテム紹介 初期装備編
警備員の必須アイテム紹介 灼熱の夏対策編

コメント