書籍

書籍

天才の思考 高畑勲と宮崎駿/鈴木敏夫

ここ最近読んだ本の中では「FBI心理分析官 : 異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記」と同じくらい面白かった。全然内容は違うが、両方の本に共通しているのは『伝えようとしている情報が圧倒的に多い』という点に尽きる。あまりにもあたり尽...
書籍

反応しない練習/草薙龍瞬

マコなり社長が推薦していて、ネットや口コミでも評判が良かったので購入してみる。ブッダに関しては嫁と手塚治虫の漫画で読んでいたので、ちょっと予習済み。メンタルトレーニングってことで、別にメンタルが弱ってるわけでもないけど読んでみる事...
書籍

赤色エレジー/林静一

全てのコマがシュールでナンセンス。とても繊細な絵が美しい。どのコマもTシャツにしたい、額縁に入れて飾りたい、じっと眺めていたい。そんな美しい絵が並ぶ『赤色エレジー』は、1970年1月から1971年1月までガロで掲載されていた。49...
書籍

書肆鯖さん推薦書1「ハリガネムシ」吉村萬壱

書肆鯖(@bookssubba)さんのオススメ「ハリガネムシ」を読破した。購入してから随分と時間が掛かってしまった。想像以上に仕事が多忙でやる事が死ぬほどあって趣味読書が出来ずに日だけが過ぎ去っていきやがっていた。 おおよそ1時間...
日記

はだしのゲンを読む

お盆休みの初日は爆睡していた。立って旗を振るだけの仕事とは言っても肉体的疲労は相当なもので、寝ようと思えば眠れる。夜は23時~0時くらいまで何となく起きていて、5時に起床して6時に家を出ている。休日は5時起床のところを9時や10時く...
日記

天より下にありし者 交通誘導員 43日目 スマホを殺して俺も死ぬ!そんな短編はない!

図書館で読んだ本に影響され、なんとかスマホ中毒を治そうとしている。とりあえずTwitterとFacebookのアプリを削除し、お手軽な仮想空間を排除排除排除。暇さえあれば見ちゃうんだもんなースマホ。そして、このスマホタイムの代わりに...
書籍

WHITE ALBUM2 コミックアンソロジー

風呂に入りながらニヤニヤして読んでいた。もう5、6回読んでる。コミックアンソロジーがこれ1冊っていうのは本当に寂しい。全集が出来るくらい何冊も欲しい。これはまさしくWA2ファン必須の必読の書。これを読まずしてWHITE ALBUM2は語...
書籍

夢の島で逢いましょう/山野一

人間として生まれて、生活して、死ぬまでの間、色々なルールを守っていないと罰せられる。モノを盗むな、人を殺すな、強姦をするな…。それは、世界の秩序を守る為、人間と言う生物が絶滅しない為に必要となっている常識。これに反する者は非常識な人間だ...
書籍

悪癖の科学 その隠れた効用をめぐる実験/リチャード・ スティーヴンズ

近頃のワインは瓶の形をしたペットボトルだったりして驚きを隠せない。しかしまあ考えてみれば、瓶は重いし割れるし、カッコつけて瓶である必要は全くない。 「悪癖の科学--その隠れた効用実験」(リチャード・ スティーヴンズ)という本を読ん...
書籍

さあ、気ちがいになりなさい/フレドリック ブラウン

藤子・F・不二雄先生が影響を受けたフレドリック・ブラウンの短編集。amazonの評判がよく、カバーのデザインも良く、ストーリーも面白く、何てったって「さあ、気ちがいになりなさい」ってタイトルが素晴らしい。日本SF界、ショートショートのド...
書籍

実録 田中角栄/大下英治

かなりボリュームがあった。昨日の朝から夜までガッツリ上下巻を読みつくした。誕生から死の直前までの田中角栄の人生をまとめている。 俺は、とある政治家の選挙事務所で働いていた時期がある。就職した会社を実質クビになって、無気力なまま...
書籍

「洗脳」プロファイリング/苫米地英人 本橋信宏

★「洗脳」プロファイリング/苫米地英人 本橋信宏 海外のドラマにありそう。何かと肩書の多い苫米地先生が、過去に発生した未解決事件をプロファイリングして犯人がどんな人間なのかを突き止める。警察のように遺留品や聞き込みで考えるので...
書籍

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ/深作秀春

俺はとにかく目が悪い。小学生の頃に暗闇でゲームボーイをやり続けたのが原因だと思っている。ブルーベリーを食べて見たり、目を瞑って眼球の上下左右運動をしたり。本やテレビやネットの情報を元に色々とやってみたが、効果があった試しがない。同じ...
日記

あーあの時あーしとけばいいのにぃ(´;ω;`)めだまの絶対オススメ後味の悪いトラウマ作品集♡

日本にも色々と後味の悪い作品は存在する。自分が過去に経験しているようなトラウマが、より近ければ近いほど後味の悪さが自分の記憶と重なり合い、より嫌な気分になったりする。以前もブログで話したが、世にも奇妙な物語で「ネカマな男」っ...
書籍

河童の三平/水木しげる

水木しげる先生の作品と言えば「ゲゲゲの鬼太郎」が代表作。正義のヒーロー鬼太郎が悪い妖怪を次々やっつけていく痛快妖怪アクション漫画である。ゲゲゲの鬼太郎に次ぐ有名作品と言えば「悪魔くん」「河童の三平」だ。今回紹介する「河童の三平」はゲ...
書籍

ここ最近読んだ本、読んでる本②

★池上彰の教養のススメ 俺は全然見ていないけどクイズ番組や分かりやすいニュースでテレビに引っ張りだこの池上先生が、いかに教養が必要かを東京工業大学リベラルアーツセンターの教授との対話を交えて説明をする。なかなか読み応えのある文...
日記

図書館で本を貰う①

とある町内の図書館で「本を差し上げますので貰いに来ませんか」という情報をチラシで見て車を飛ばしてきた。土日2日間の午前、午後に行われた小さな行事は、駐車場も狭く、こんな場所で本当にやるのかと疑った。しかし、駐車場は満車。あんまり期待...
日記

混沌大陸パンゲア×齋藤孝×コンクール ジェルコートF 90g×左半側空間無視

歯磨き粉を変えてみた。ホリエモンが何かの本で歯の病気には気を付けろと書いていたような気がする。そりゃ身体の健康は何でも気を付けなきゃいけないけどね。家では堀北真希がCMの「クリニカ」を使っている。別に堀北真希が好きなわけでも、クリニ...
書籍

ここ最近読んだ本、読んでる本

★ビンボー魂/風間トオル 明石家さんまの番組で、風間トオルさんが貧乏ネタを披露していた。その衝撃的な内容が面白すぎてアマゾンで検索。本を出しているという事で即購入。32件の評価のうち、30件が星5つの満点!! 内容は…と...
書籍

実家からもらった本を色々と読んでみる

★すみっコぐらし ここがおちつくんです 妹が好きだと言うので以前ぬいぐるみを実家に送った。可愛い事は勿論だが、ソファーの中に入り込んで100円を見つけるなど「あるある」も披露。すみっコのネタなんかそんなにねーだろと思っていたが...
書籍

天才の読み方/齋藤孝 メモ

●ピカソ ・20世紀最大の芸術家。 ・最大→想像を超える作品数 →六万点~八万点→創作活動期間(10歳~亡くなる91歳までの約81年間) →平均一日二~三点の創作ペース ・45歳の時に17歳に恋する→「ぼくたち...
書籍

色々と図書館で借りてみた

①ちゃんと食えば、幸せになる―水木三兄弟の日々是元気 借りた本の中では一番満足してるかも。ゲゲゲの鬼太郎でおなじみの水木しげるを次男とした水木三兄弟に「食」についてインタビューした本。深夜食堂みたいに、話だけで何か食べたくなってくる。...
書籍

寺山修司のラブレター/寺山修司 九条今日子

サブカル界の鬼才にて神。我らが寺山修司氏が、妻である九条今日子嬢に宛てたラブレターをまとめた本である。寺山修司と言えば言わずと知れた日本のシュールレアリスム先駆者である。そんな寺山修司氏であるから、さぞおどろおどろしいエログロナンセ...
書籍

あなたの中の異常心理/岡田尊司

精神科医で医学博士の岡田先生の「異常心理」について書かれた心理学の本である。過去の偉人たちが、実は異常心理の人間だったということが詳しく書かれている。タイトルが気になったので購入したが、異常心理の偉人たちの名前をあげればサブカル好きが唸る...